ここから本文です

A220-300、ナイジェリア新興50機導入へ アフリカ最多

2/18(火) 16:49配信

Aviation Wire

 エアバスは、ナイジェリアの新興航空会社グリーン・アフリカ・エアウェイズとA220-300型機を50機導入する覚書(MoU)を締結した。

 同社から正式受注した場合、アフリカの航空会社によるA220発注量としては最多となる。アフリカの航空会社では、これまで3社がA220を発注済み。エア・セネガル(SZN/HC)が8機、エア・タンザニア(ATC/TC)が4機、エジプト航空(MSR/MS)が12機で、いずれもA220-300を発注している。

 グリーン・アフリカ・エアウェイズは、ナイジェリアの最大都市・ラゴスを拠点として運航を計画。2018年12月には、ボーイング737 MAXを最大100機導入する意向を示している。

Yusuke KOHASE

最終更新:2/18(火) 16:49
Aviation Wire

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事