ここから本文です

コロナウイルス感染症と高校・大学入試について…文科省

2/18(火) 12:45配信

リセマム

 新型コロナウイルスをめぐり、文部科学省では高等学校入試や大学入試に際し、自治体や教育関係機関に向けて感染症対策に関する対応を公開している。

高等学校入学者選抜における新型コロナウイルスの対応

高校入試への対応

 高等学校入学者選抜における新型コロナウイルス感染症への対応について、文部科学省は2つの留意事項を掲げている。

 ひとつには、各教育委員会などが最新かつ正確な情報を収集し、それぞれの管轄する学校に周知することを求めている。「各教育委員会・国公立大学法人・地方公共団体においては、最新かつ正確な情報を学校保健担当部局、保健衛生部局等の関係機関と十分連携しつつ、収集すること。また、学校への連絡体制を構築し、これらの情報を各学校に提供するとともに、必要に応じ、入学志願者や保護者に対する情報提供や相談対応に努めること」としている。

 2つ目に、入学者選抜の実施に当たっては、「新型コロナウイルス感染症に感染し又は感染が疑われる者への受検機会を十分に確保する観点から、追試験の実施等の対応を検討していただくとともに、入学志願者や保護者に対する情報提供や相談対応に努めること」とし、就学機会の確保が重視されている。

大学入試への対応

 大学入試に関しては、1月30日時点で「新型コロナウイルスに感染した場合等の受験生への配慮について(依頼)」が各国公私立大学入試事務主管部宛てに送付され、受験生の進学の機会の確保の観点から柔軟な対応を図るよう伝えている。

 「各国公私立大学においては、最新かつ正確な情報を関係機関と十分連携しつつ、収集する」ことを求めている。また、多くの受験生が一堂に会するため、「受験会場の衛生管理体制の構築、受験生や保護者に対する情報提供や相談体制の整備」を行うことも要求されている。

中国から帰国した児童生徒等への対応

 また、「中国から帰国した児童生徒等への対応について」(最新:令和2年2月10日)において示されている留意事項に沿った対応が必要であるが、医療体制の変更などにともない随時更新されているため、適宜確認してほしい。

 今後も文部科学省からは追加的に留意事項を提供することもある。

リセマム 村本茉生

最終更新:2/18(火) 12:45
リセマム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ