ここから本文です

Netflixが各国政府の要請で視聴不可にしたコンテンツ9本を発表

2/18(火) 11:30配信

映画.com

 [映画.com ニュース]世界190カ国以上で展開する米ストリーミング大手のNetflixが、外国政府の要請により視聴不可にしたタイトル9本を明らかにした。

 Netflixは2月7日(現地時間)、「Environmental Social Governance (環境・社会・企業統治)レポート」を発表。企業の長期的な成長のために、環境・社会・企業統治の3つの観点から自社を分析した報告書で、その大半が同社の多様性や環境を意識した経営戦略などに割かれているが、各国政府の要請によりそれぞれの市場で視聴不可能にしたコンテンツについても説明した。

 報告書によると、Netflixはこれまでに9つのコンテンツを視聴不可にしており、そのうち5本はシンガポールの情報通信メディア開発庁の要請によるものだという。マリファナ薬局を運営する主人公を描くオリジナルドラマの「ハイ・ライフ」や、イエス・キリストを悩める人間として描いて物議を醸したマーティン・スコセッシ監督作品「最後の誘惑」など、ドラッグや宗教を題材にした作品はシンガポールではタブー視されたようだ。

 また、ベトナムではスタンリー・キューブリック監督の傑作「フルメタル・ジャケット」、ドイツでは「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」を視聴不可にするなど、Netflixは各国政府の要請に応じている。

 Netflixは今回の報告書をきっかけに、今後も配信中止を要請されたコンテンツについて報告していくという。

最終更新:2/18(火) 11:30
映画.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事