ここから本文です

「映像研には手を出すな!」がドラマ化!乃木坂・齋藤飛鳥ら出演で4月放送スタート

2/18(火) 9:00配信

シネマトゥデイ

 現在放送中のテレビアニメ版も話題を呼んでいる大童澄瞳の人気コミック「映像研には手を出すな!」が、テレビドラマ化されることが明らかになった。メインの女子高生3人組は、実写映画版と同じく乃木坂46の齋藤飛鳥、山下美月、梅澤美波が演じ、全6話構成で4月からMBS/TBSドラマイズムほかにて放送される。

実写版も期待高まる!ドラマ第1話カット

 同作は、映像研を立ち上げてアニメーション制作に挑む3人の女子高校生の青春物語。『夜は短し歩けよ乙女』の湯浅政明監督によるテレビアニメ版が今年1月からNHK総合テレビでスタートするとSNSで高評価が集まり、放送を機に原作コミックの累計発行部数は3倍以上に増加するなど話題沸騰中。5月15日には乃木坂46の齋藤、山下、梅澤が共演し、『ヒロイン失格』『あさひなぐ』の英勉監督がメガホンを取る実写映画版が公開される。

 このたび、映画公開に先がけてテレビドラマが放送となることが発表された。ドラマ版でも映画版と同キャスト&スタッフが集結し、極度の人見知りだが作品設定のアイデアは非常に豊富な主人公・浅草みどり役を齋藤、超お嬢様でカリスマ読者モデルながらアニメーターを目指している水崎ツバメ役を山下、アニメに興味はないものの持ち前のビジネスセンスでプロデューサー的役割を担う金森さやか役を梅澤が務める。

 さらに、ドラマ版には『ファンシー』『初恋』などの注目女優・小西桜子や、演技初挑戦のグレイス・エマ、第8回「東宝シンデレラ」オーディションでグランプリを獲得した『屍人荘の殺人』などの福本莉子も出演。小西が映像研の創設承認の権限を持ち、部活動の予算を管理する“大・生徒会”の会長・道頓堀透役、グレイスが書記のさかき・ソワンデ役、福本が大・生徒会の切り込み隊長・阿島九役を担当するほか、独特なオーラで映像研を見守る藤本先生に高嶋政宏がふんする。(編集部・吉田唯)

ドラマ「映像研には手を出すな!」はMBSで4月5日より毎週日曜24時50分~、TBSで4月7日より毎週火曜25時28分~放送

1/2ページ

最終更新:2/18(火) 9:00
シネマトゥデイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ