ここから本文です

「WEST EXPRESS 銀河」で再び脚光 元気に現役、“昭和イケメン”な国鉄型電車「117系」に乗ってきた

2/18(火) 11:11配信

ねとらぼ

 鉄道ファンを魅了し続けてきたベテランの国鉄型車両「117系」に、再びスポットが当たっています。

【画像】レトロでセピア色 不思議な感じ…「117系」車内の様子

 それは、2020年5月にJR西日本から新しい長距離列車「WEST EXPRESS 銀河」が誕生するからです。WEST EXPRESS 銀河はかなり豪華な車内設備とともに「通常の特急料金で乗車できる」「夜行運行する」「寝台がある」などの特徴で、「ブルートレインの思い出がよみがえる……」などと多くのファンの期待を集めている新しい長距離列車。1979年にデビューした117系は、このWEST EXPRESS 銀河の種車です。

 今回は楽しみなWEST EXPRESS 銀河のデビューを前にこの117系の魅力をあらためて確認すべく、いまだ現役として普通に運行する滋賀県は琵琶湖の西側を走るJR湖西線(山科~近江塩津)へ足を伸ばしてみました。

1979年に東海道・山陽本線の「新快速」電車として誕生したベテラン「117系電車」

 117系はJR西日本で活躍する近郊型電車です。国鉄時代の1979(昭和54)年に東海道・山陽本線の「新快速」向け電車としてデビューしました。当時の国鉄は並行する阪急電車や京阪電車に車両の快適性で歯が立たない状況でした。そこで、当時活躍していた阪急6300系や京阪3000系に負けない電車として製造されました。

 117系の最大の特徴は、近郊型電車ながら「2扉転換クロスシートスタイル」を採用したことです。従来の113系や115系といった近郊型電車は3扉直角ボックスシート型が当たり前。そんな中で117系の斬新な車内レイアウトは当時の人々をアッと驚かせたそうです。

 外装も従来の近郊型電車から大きく変わり「パノラミック2枚窓非貫通」のスタイルを、台車も特急/急行型車両と同じ空気ばね台車を採用しました。2021年に引退予定である特急「踊り子」などに使われた特急型車両「185系」(1981年デビュー)はこの117系をベースに設計されたことでも知られます。

 117系は1980年までに東海道・山陽本線の新快速を全面的に置き換えて、1982年から中京地区にも進出しながら活躍しました。そして、2020年現在もJR湖西線や山陽本線などで現役で走っています。

1/3ページ

最終更新:2/18(火) 11:11
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ