ここから本文です

ローソン、レジなし実験店舗を川崎市内に期間限定オープン 商品持ち出すと自動決済

2/18(火) 13:20配信

ITmedia NEWS

 ローソンは2月18日、店から商品を持ち出すだけで自動決済できる実験店舗を、川崎市内に期間限定でオープンすると発表した。出店場所は、技術協力する富士通の開発拠点「富士通新川崎テクノロジースクエア」(川崎市幸区)の内部で、同社の社員のみ利用できる。店内にはレジを置かず、フード・デザート・飲料など約250種類の商品を販売する。

【画像】ローソンのレジなし店舗の内部

 店舗名は「富士通新川崎TSレジレス店」。営業期間は2月26日~5月25日の午前9時~午後5時で、土日と祝日は休業する(2月26~28日は午後2時から3時間のみ営業)。酒・たばこなどは販売せず、ATMも置かない予定。

 顧客は入店する前に、専用アプリをダウンロードして「Apple ID」「Googleアカウント」「LINEアカウント」のいずれかとひもづけた上で、クレジットカード情報を登録する必要がある。アプリ上でQRコードを生成し、入口のゲートにかざすと入店できる。

 店内には複数のセンサーとカメラを配置。富士通研究所が開発した、手のひらの静脈と顔情報で本人を特定する技術を活用し、顧客の動きを確認する。顧客が手に取った商品の種類と個数は、棚に配置したセンサーでカウントし、退店時にクレジットカードで自動決済する。レシートはアプリ上に表示する。

 店舗スタッフは弁当やおにぎりなどの品出しは行うが、レジ打ちはしない。従業員がレジを打つ負担と、顧客がレジに並ぶ手間を解消し、業務効率化と利便性向上を同時に実現する狙い。実験店舗の運営で得た結果を踏まえ、今後の展開を検討する。今夏に一般向け店舗に拡大する可能性もあるという。

ITmedia NEWS

最終更新:2/18(火) 14:36
ITmedia NEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ