ここから本文です

中国・武漢の病院長が新型肺炎で死去

2/18(火) 13:25配信

共同通信

 【北京共同】中国国営中央テレビ(電子版)によると、湖北省武漢市の武昌医院の院長が18日、新型肺炎で死亡した。肺炎の治療に当たり感染したとみられる。

最終更新:2/18(火) 20:45
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ