ここから本文です

「うどんの国の金色毛鞠」篠丸のどか原画展&トークショー、出身地の香川県高松で

2/18(火) 20:43配信

コミックナタリー

「うどんの国の金色毛鞠」の篠丸のどかによる原画展が、4月25日から5月31日にかけて篠丸の出身地である香川・高松市石の民俗資料館で開催される。

【写真】展示作品より。(メディアギャラリー他4件)

本展では「うどんの国の金色毛鞠」の原画やカラーイラスト、そのほかの作品に関する資料を展示。5月3日14時より館内のエントランスホールでは、篠丸のトークショーが開催される。定員は100名程度で、申し込みは不要だ。

「うどんの国の金色毛鞠」は実家のある香川のうどん屋に戻ってきた主人公・宗太が、人間の少年に化けられるタヌキのポコと過ごす日常を描くファンタジー。月刊コミック@バンチおよびくらげバンチ(新潮社)で連載され、単行本は全12巻が刊行されている。

■ 「うどんの国の金色毛鞠」篠丸のどか原画展
日程:2020年4月25日(土)~5月31日(日)
場所:香川県 高松市石の民俗資料館

□ 篠丸のどかスペシャルトーク
日時:2020年5月3日(日)14:00~

最終更新:2/18(火) 20:43
コミックナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事