ここから本文です

喜多村緑郎 鈴木杏樹との不倫「死んだ母にも申し訳ない」…不倫ネタで笑いも

2/18(火) 19:56配信

デイリースポーツ

 俳優・喜多村緑郎(51)が18日、東京・歌舞伎座ギャラリーでトークショーを行い、冒頭、女優・鈴木杏樹(50)との不倫騒動を生謝罪した。6日発売の週刊誌で不倫が報じられ、文書で謝罪したが、肉声での謝罪はこの日が初めて。謝罪後には不倫ネタで爆笑を誘った一方で、目を潤ませて「死んだ母にも申し訳ない」と詫びていた。

【写真】月乃助時代の喜多村緑郎 二股騒動の俳優との2ショット

 黒いスーツにグレーのネクタイ姿の喜多村は冒頭、「これからは自分の人生、役者としての人生をもう一度深く見つめ直して生きていきたいと思います。こんな喜多村緑郎ですが、今後ともよろしくお願いします。このたびは大変申し訳ありませんでした」と深く頭を下げて謝罪。左手薬指に結婚指輪はしていなかった。

 この日のテーマは「歌舞伎夜話 番外編」。冒頭の謝罪後は、現在、新橋演舞場で上演中の舞台「八つ墓村」で自身が演じる名探偵・金田一耕助について「金田一っていうのは、人の欲望ってものを一番分かってるんですよね…、っていう人間がこんなことしてすいません」と不倫をネタにブラックジョーク。会場は爆笑となり、喜多村もニコニコの笑顔を見せていた。

 後半には、市川猿翁ら師匠との思い出を語りながら、「旦那(師匠)に対して、今回のことは申し訳ないと思う。死んだ母に対してもお客さんに対しても…。とにかくきちんと生きていかないと、と思いました」と反省。「言いたいことはあるんですけど、釈明することではないので…、言い訳は一切しないですし、とにかく、舞台をするしかない」と目を潤ませ、「こうなったのは僕の責任。こんな中、来てくださってありがとうございました」と観客に向かい、9度頭を下げた。

最終更新:2/18(火) 21:28
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ