ここから本文です

松島庄汰×渡部秀W主演の『罪男と罰男』キャスト募集で、オーディションサイト『デビュー』から2名の合格者が誕生

2/18(火) 18:47配信

デビュー

 2020年3月に上演されるOFFICE SHIKA PRODUCE最新作『罪男と罰男』。上演にあたり、キャストオーディションが実施されていたが、この度、オーディションサイト『デビュー』から応募した齊木七海さんと福永瞭さんの2名が合格し、舞台出演を勝ち取った。

【写真】松島庄汰×渡部秀W主演「罪男と罰男」メインビジュアル

 同舞台の作・演出は、乃木坂46主演舞台「墓場、女子高生」や朝井リョウ原作 舞台「何者」の演出、秋元康プロデュースの劇団4ドル50セントの脚本・演出、また7 ORDERプロジェクトやTVドラマ「下北沢ダイハード」「マジムリ学園」の脚本と、話題作に次々と起用され演劇界を牽引する丸尾丸一郎(劇団鹿殺し)が担当。2017年NHKラジオドラマ「劇ラヂ!」シリーズで発表され話題となった"2人の男が迷い込む現代のお伽話"『罪男と罰男』が、松島庄汰&渡部秀W主演のもと、日本劇作家協会プログラム/ OFFICE SHIKA PRODUCE最新作として2020年3月に舞台化される。

 『デビュー』でも掲載した同作のキャストオーディションでは、18歳以上の男女を募集し、書類選考・ワークショップ形式のオーディションを実施。その結果、『デビュー』から応募した齊木さんと福永が見事合格。

 福岡県出身の高校3年生の齊木さんは、今回が初オーディションだったそうで、「初めてのオーディションでしたが、ワークショップ形式でみなさんから優しくしていただいたので緊張せず楽しく演技することが出来ました」と明かし、「今回初舞台なので丸尾さんの胸に飛び込む気持ちで先輩方に少しでも追いつけるよう尽力させていただく所存です。このお仕事を通じてこれからの役者人生で役立つことを身につけていけたらと思っています。舞台上でも常に良い変化をしていける役者になります。未熟な私ですがよろしくお願いします」と意気込みを語る。

 京都出身の26歳、福永さんは「この度はオーディションに合格した事、心から嬉しく思います」と喜びを語り、「本作品に挑むにあたって、NHKラジオドラマ『罪男と罰男』の脚本を読ませていただきました。全ての人が大なり小なり罪を犯したことがあると思います。人の本質を剥き出しにし、それを包み込んでくれる作品です」とコメント。さらに、「舞台化することによってどのように広がるのか、広げれるのか未知数な分ワクワクしています。今作品に携わるにあたって稽古の段階から一番声出して、一番元気に魂燃やして起爆剤になれるよう努めたいと思います。観ていただける全ての人に心に刺さる、フッと軽くなる、明日から頑張ろうと思える作品にできるよう、いっぱいぶつかっていきたいと思います」と決意を新たにした。

 OFFICE SHIKA PRODUCE「罪男と罰男」は、3月11日より東京の座・高円寺1にて開幕(東京・大阪にて上演)。なお、東京追加公演の3月12日(木)14時公演の回は、「若手演劇人支援公演」と題して、アフターワークショップ講座、バックステージツアーを終演後に実施。さらに、22歳以下で演劇に携わる「若手演劇人」には特別割引を実施。定価4,900円のチケット料金を映画の前売り券と同じ1,800円に割引するという。これは、これからも長く"演劇"と付き合ってほしいという、若手演劇人に対してのメッセージと応援が込められた企画となっている。

【公演概要】
日本劇作家協会プログラム座・高円寺春の劇場31
OFFICE SHIKA PRODUCE「罪男と罰男」
東京公演:3月11日(水)~15日(日)座・高円寺1
大阪公演:3月19日(木)~22日(日)ABCホール

■脚本・演出:丸尾丸一郎(劇団鹿殺し)

■出演:
松島庄汰 渡部秀
鷺沼恵美子 近藤茶 有田あん 長瀬絹也
阿江春果 齊木七海 田中廉 谷芙柚 福永瞭
岡本玲 丸尾丸一郎

■チケット
前売・当日4,900円(税込・全席指定)
ヤング券(U-22) 3,500円(税込)
※3月12日(木)14:00の追加公演の回のみ、「若手演劇人支援公演」として、22歳以下で演劇に携わる「若手演劇人」は特別割引:1,800円(税込)

■特設サイト http://shika564.com/tsumibatsu
■主催:株式会社オフィス鹿

最終更新:2/18(火) 19:01
デビュー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事