ここから本文です

「港区女子はセリーヌが好き」データでここまで分かる!新時代のシェアサービス

2/18(火) 12:03配信

テレ東プラス

現場で奮闘する人たちの姿を通して、さまざまな経済ニュースの裏側を伝えるドキュメンタリー。今回は、モノやサービスを個人間で共有する「シェアリングサービス」に特化したビジネスを特集。変化する価値観に合わせた新たな商売を追う。

裕福な社長に訪れた転機「こんなにモノを持っていたのか」

所有から共有へ──。エコが叫ばれる昨今、新しい形のシェリングサービスが続々と誕生している。「ピーステックラボ」(東京・渋谷)が運営する「アリススタイル」は、美容器具やキッチン家電など約4000アイテムを倉庫に持つシェアリングサービス。そのほとんどは個人の持ち物であり、個人間でモノを貸し借りする仲介役を「アリススタイル」が請け負っている。

まず、出品者は貸したいモノを「アリススタイル」に預ける。借り手が現れたら「アリススタイル」が発送する。出品者は料金を設定し、売り上げの50%を受け取る、という仕組みだ。同サービスは2018年10月に開始し、登録者数は15万人を突破する勢いだ。

「『モノによって生まれる体験』を貸している」。そう語るのは「ピーステックラボ」の村本理恵子社長(64)。「パン焼き器をレンタルし、子どもの誕生日にパンを焼いたら、『家族でおいしいパンを食べた』という体験が実現できると話す。

村本さんは、貧しいシングルマザーの家庭で育った。空腹を満たしてくれたのはパンの耳。コレクションしていたバービー人形の数々は、裕福への願望の表れだったという。苦学の末、東大を卒業後は「時事通信社」に入社。専修大や法政大で教授を務めた。その後、動画配信サービスを立ち上げて成功し、貧しかった頃から一転、モノに囲まれた生活を手に入れた。

そんな村本さんに突然転機が訪れる。2011年3月11日の東日本大震災。揺れがおさまり、床に散乱するCDやDVDを見た村本さんは、「モノに囲まれる生活」を改めて考え直した。「こんなにモノを持っていたのか...。本当に必要があるのかなみたいな。でも持っているものは捨てちゃったらもったいないので、シェアできたらいいなと...」と村本さん。

現在は、シェアハウスで最低限のモノしか持たない生活を送る。バービー人形は友人宅に預け、あらゆるモノを処分した。共有のクローゼットにも個人の服はほとんどなく、多くの服やバッグは住居者間でシェアするという。「ここ(共有のクローゼット)が『アリススタイル』の出発点ですね」と村本さん。もちろん「ピーステックラボ」の本社もシェアオフィスだ。

1/3ページ

最終更新:2/18(火) 12:29
テレ東プラス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事