ここから本文です

【動画】18日の天気 - 日本海側は広く雪で強まる所も 全国的に北風冷たい(18日7時更新)

2/18(火) 7:38配信

ウェザーマップ

 きょう(火)は、山陰から北の日本海側で広く雪となり、雪の強まる所があるでしょう。大雪となる所があるため、積雪や路面の凍結、見通しの悪化などによる交通の乱れに注意が必要です。九州や四国の雪は午前中が中心ですが、路面の凍結に注意してください。全国的に北よりの風が強く、晴れる所も風が冷たい一日になるでしょう。

 きょう(火)は、日本付近は強い冬型の気圧配置となっていて、西日本から東日本の上空5500メートル付近には‐33℃以下の強い寒気が流れ込んでいます。日本海側は広く雪となっていて、九州や四国にも雪雲が流れ込んでいる所があり、きのう(月)の夜は宮崎で、きょうは鹿児島で初雪が観測されました。
 西日本では、次第に寒気がぬけていくため、九州や四国の雪は朝のうちまでとなりますが、山地を中心にまだ積雪の増える所がありそうです。雪が積もった所では路面の凍結や車の運転に注意してください。

 山陰から北の日本海側は、断続的に雪となり、午前中は山陰や近畿北部で雪の強まる所もあるでしょう。午後は北陸や東北で雪が強まり、山沿いを中心に大雪となりそうです。夜にかけても雪が続きますが、ピークは越えてきそうです。

 近畿は北部や中部を中心に、東海は岐阜の山地や三重県の北中部を中心に大雪となり、平地でも雪の積もる所がありそうです。

 また、全国的に北よりの風が強まります。北日本では、瞬間的に30メートルから35メートルの非常に強い風が吹き、ふぶいて見通しが悪くなるおそれがあります。車の運転には注意してください。
九州や四国は、日中は次第に天気は回復に向かうでしょう。関東は晴れますが、大阪や名古屋など太平洋側も、一部でにわか雨やにわか雪がありそうです。

 日中の気温は西日本では10℃前後と寒さが続き、東日本や北日本もきのうより低い所が多いでしょう。冷たい北風でいっそう寒く感じられそうです。東京は13 ℃の予想ですが、こちらも風の冷たい一日になるでしょう。暖かい服装でお出かけください。

(気象予報士・及川藍)

最終更新:2/18(火) 7:38
ウェザーマップ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ