ここから本文です

「加湿機能つき飛行機」増えているワケ ボーイング787とエアバスA350 なぜ可能に?

2/18(火) 10:30配信

乗りものニュース

従来機には致命的な客室内の「湿度」

 飛行機のなかで過ごすうえで、長年の課題とされてきたもののひとつとして挙げられるのが、湿度の低さでしょう。上空での客室内の湿度は5%から10%前後といわれており、長時間のフライトでは、目の乾き、乾燥による肌のかゆみ、メイクなどに影響を及ぼすとされています。また長時間のフライトでは、時差ボケの一因ともいわれています。

日本の伝統美をテーマにした、B787のJALファーストクラス

 機内が乾燥しているのは、やむを得ない理由があります。機内の気温はおおむね摂氏25度前後ですが、その一方で飛行機の巡航高度である上空1万mの外気は、摂氏マイナス30度を下回ります。もし機内の湿度を高くしてしまうと、冬の窓ガラスが気温差で曇るように、機内で結露が発生しやすくなるため、常にエアコンでいう「除湿モード」にしておく必要があります。

 機内での結露は、快適性が損なわれるという問題もありますが、何より金属でできた機体が錆び強度が弱まるという、安全面での深刻な問題に直結します。

 ところが、これまでの常識に変化を起こすモデルが出現してきています。2009(平成21)年に初飛行したボーイング787型機、および2014(平成26)年に初飛行したエアバスA350型機です。これらのモデルは、客室の加湿機能に相当するシステムを備えており、従来機より高い20%前後まで湿度を上げられるとしています。

湿度を上げられた理由とは メカニズムをパイロットに聞いた

 これらのモデルで加湿機能を備えることができたのは、胴体の素材が変わったからです。これまでの飛行機の胴体はおもに、超々ジュラルミンなどの錆びやすい金属でできていたのに対し、先述のふたつのモデルでは、錆びづらい複合素材(カーボン素材)が使われているため、これまでより客室湿度を上げることができるといいます。

 ではこれらの飛行機の客室で採用されている「加湿器」はどこに備わり、どういった方法で客室に湿度が供されているのでしょうか。

 とある航空会社のボーイング787型機パイロットによると、「加湿器」に相当するシステムは、空調を作る「エアコンパック」のなかに組み込まれているそうです。そのため一般の利用者が、その姿を見ることはできないと話します。

 また、787型機で採用されている加湿機能のメカニズムは、おもに客室内の空気中の水分を利用したものだと話します。これを浄化したのち、客室へ送りこむエアコンの空気に混ぜ、湿度を上げているそうです。

乗りものニュース編集部

最終更新:2/19(水) 16:30
乗りものニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ