ここから本文です

ソニーらしさ全開!初の電気自動車「VISION-S」は一体何がスゴイのか?

2/18(火) 21:30配信

Park blog

ソニーは今年1月、米国ラスベガスで開催されたIT家電ショー「CES(セス)2020」で、同社初の電気自動車「VISION-S」を発表した。なぜソニーはこのタイミングで披露する必要があったのか。ITジャーナリストの会田肇氏が、ソニーの未来を考察する。

【写真】ソニーのEV「VISION-S」とはどんなクルマ?

aiboの次は、走るスマホ?

「次のメガトレンドはモビリティだと信じている」

 CES2020のプレスカンファレンスでそう言い放ったのはソニーの吉田憲一郎社長だ。これまでの10年の間、生活を根本から変えたのはスマートフォンで、今後はクルマのEV化が新たなモビリティのソリューションを生み出していくきっかけになるというのだ。

 振り返ればCESで自動車メーカーが出展し始めたのは2008年のリーマンショック以降のこと。2012年には北米自動車ショーを差し置いてフォードがフュージョン・ハイブリッドをCES会場で発表。それ以降、雪崩を打つように自動車メーカーの出展が相次ぎ、CESは今やEVや自動運転を主軸とした最先端モビリティを披露する場へと変貌した。そんなCESにふさわしい取り組みとしてソニーは「VISION-S」を発表して世界を驚かせたのだ。

 実は「VISION-S」は、aiboなどを手掛けたロボティクスビジネス担当役員が深く関わって、生まれたという。ソニーはビデオカメラ等で培ったイメージセンサーで世界を席巻しており、その勢いはスマートフォンから自動車用デバイスにも及ぶ。ただ、そのデバイスを表現する方法をソニー自身は持ち合わせていなかった。

 そんなある日、ソニーの担当役員は、トヨタのGRスープラも生産するカナダの大手サプライヤー「マグナ・インターナショナル(以下:マグナ)」の生産現場を目にする。そこで担当役員が気づいたのは「EVならソニーも新たなモビリティとしては関われるかもしれない」ということだったという。それが2018年初頭のこと。そこからVISION-Sの開発はスタートした。

 開発にあたっては全体のデザインをソニーが行い、そのデザインに基づいてマグナが完成車までを担当した。マグナには多くのサプライヤーをまとめ上げるノウハウがあり、わずか2年で実走行できるレベルにこぎ着けたのも、そんなマグナの協力があって実現できたのは間違いない。

 とはいえ、開発の目的にあったように、VISION-Sにはソニーならではの取り組みが随所に採り入れられている。将来の自動運転を見据えたコンセプト「Safety Cocoon」をコアに、車載向けCMOSイメージセンサーを中心とした計33個のセンサー(カメラ×13個、レーダー×17個、ソリッドステート型LiDAR×3個)を車内外に搭載。これによって「霧や夜間など、視界不良な状況で走行しても、周囲360度にわたってセンシングしながら安全な走行を追求できた」(ソニー担当者)のだ。

1/2ページ

最終更新:2/18(火) 21:30
Park blog

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ