ここから本文です

空飛ぶクルマを開発する日本チームのテトラ 世界大会でファイナル進出!

2/18(火) 10:30配信

MOTA

テトラ・アビエーション株式会社で開発したeVTOL航空機「teTra(以下テトラ)」が、2018年から取り組んでいる1人乗り航空機開発コンテスト「GoFly」の最終飛行審査Final Fly offに進出。2月27日から2月29日に米国エイムズ研究センターにて実際に飛行させる。

>>誰でも気軽に空を行き来できる時代はすぐそこ!?

1人乗りエア・モビリティ開発コンテスト「GoFly」とは

「GoFly」は、米国ボーイングが後援する、賞金総額2百万ドル(約2億円)の1人乗りエア・モビリティの開発コンテストで、2017年9月からエントリーが開始され、これまでに103カ国855チームが参加。

その中から選ばれた24チームによるの最終飛行審査が、2020年2月27日から29日にかけ、アメリカベイエリアのNASAエイムズ研究センターで開催され、各チームが開発した航空機を実際に飛行させ優勝を争う。

日本発のプロジェクトチーム「teTra(テトラ)」

テトラは、東京大学博士課程に在籍する中井佑をリーダーとして、「GoFly」に参加するために結成された日本発のプロジェクトチーム。

2018年6月の第1次審査にて、アジア勢で唯一の世界トップ10に選出され、その後2019年3月に第2次審査を通過し、日本から唯一のチームとして最終審査出場が決定した。

開発する航空機は、コンテスト用に特別な飛行許可を得ているのではなく、eVTOLとして既存の航空機許認可に沿って許認可手続をしており、現在FAA(アメリカ連邦航空局)からの飛行許可取得に向けたさらなる実証実験などを進めている。

なお、2月27日から29日のGoFly Final Fly Offの模様は、主催者から動画の配信が行われる予定だ。

MOTA編集部

最終更新:2/18(火) 10:30
MOTA

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ