ここから本文です

田中圭主演『ヒノマルソウル』に眞栄田郷敦、小坂菜緒(日向坂46)、古田新太ら出演

2/18(火) 8:58配信

AbemaTIMES

 長野五輪スキージャンプ団体、悲願の金メダル。その栄光を影で支えた25人のテストジャンパーたちがいた―。知られざる感動の実話が映画化。田中圭主演『ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~』が6月19日(金)より公開。このたび、同作に眞栄田郷敦、小坂菜緒(日向坂46)、古田新太が出演することが明らかになり、本編映像が到着した。

 田中が演じる主人公はスキージャンパーの西方仁也(にしかた・じんや)。1994年のリレハンメル五輪スキージャンプ団体戦で日本代表を牽引するも、エース原田雅彦のジャンプ失敗で金メダルを逃し、長野五輪での雪辱を誓うも故障で代表落選。テストジャンパーとなって日本代表選手たちを裏方として支えた人物だ。
 
 物語は、西方の金メダルへの強い想い、それを打ち砕く挫折、原田との友情、そして怒りと嫉妬、それでも仲間の為に、日本の為に、命の危険を顧みずテストジャンプに挑む、深い人間ドラマを映し出す。また、長野五輪での手に汗握る団体戦の攻防、吹雪による競技中断、そんな中、競技が再開できるかを図るために行われた、西方率いる25人のテストジャンパーたちの決死のテストジャンプを、史実に基づいてダイナミックに描くオリジナルストーリーとなっている。

 原田選手が金メダル獲得後インタビューで語った「俺じゃないよ。みんななんだ。みんな。」という言葉は、岡部・斉藤・船木ら代表選手だけでなく、裏方に徹し日本選手団を支えた親友・西方、そしてテストジャンパーたちに向けられた言葉だったのだ。4人の代表選手と25人のテストジャンパーたち、そして彼らを支える家族や関係者たちの、熱い想いと絆を知った時、誰もが心を打たれる感動のヒューマンドラマだ。

 聴覚障害のあるテストジャンパー・高橋竜二役には山田裕貴が抜擢。監督には、「荒川アンダーザブリッジ」で大きな注目を集め、様々な分野で才能を発揮する映像作家・飯塚健。秀逸なテンポ感の中で、しっかりと人間模様を描く演出力に定評があり、感涙無くしては見られない感動作品を描き上げる。撮影は2020年1月~2月。実際に長野五輪のスキージャンプが行われた長野県白馬村でも撮影が行われている。

1/3ページ

最終更新:2/18(火) 8:58
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ