ここから本文です

出身地がバレる?「超」「めっちゃ」「ばり」言葉を強調するとき何て言う?

2/18(火) 20:00配信

CanCam.jp

体育座り/三角座り/体操座りなど、同じものごとでも人によって呼び方が分かれるものってけっこうありますよね。地域によって違いがあったり、年代によって差があったり。自分が使っている言葉が通じなかったり、今まで聞いたことのない言葉が出てきたりして、意外とおもしろい発見がある話題です。

え、これ全国共通じゃないの?「方言だと思ってなかった方言」コレクション

前回は、肉まん/豚まんどっちの呼び方を使っているのか聞いてみたところ、思いのほか興味深いアンケート結果が。「どっちシリーズ」続く今回は、「言葉を強調するときに使う言葉」について、10代~30代の女性136人を対象に調査してみました。様々な方言も出てきて、おもしろい結果になっています。さっそく見てみましょう!



アンケートの結果はこちら!

超:57%
めっちゃ:25%
ばり:5%
その他:13%



半数以上が「超」を使っていることがわかりました! 確かに「超多い」や「超悔しい」など、「超」を使って強調を表現する人は多いような気がしますね。

次に多いのは「めっちゃ」でした。今回のアンケート結果を見る限り、「めっちゃ」は関西圏に多いようです。日常的によく聞くワードのような気がしますが、もとは関西の言葉なのかもしれませんね。

また、もちろん地域差や世代差はあると思いますが、「ばり」と回答した人は福岡など九州に多い傾向が。九州ほどではないものの、兵庫などの関西圏の方も使うという声がたくさん寄せられて、他の地域の人からすると少し意外かもしれません。



「その他」と回答した人についても、何と言っているのか聞いてみたところ、「なまら」、「ぶっち」、「でら」などが出てきました。「なまら」は北海道在住、「でら」は愛知県在住の人に多い傾向がありました。これも地域や世代によって差があると思いますが、方言のひとつなのかもしれませんね。

半数以上が「超」であるものの、あまり聞いたことがないような方言も出てきました。同じ意味を指すものであっても、様々な言い方があって興味深いですね♪ (澤夏花)

最終更新:2/18(火) 20:00
CanCam.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ