ここから本文です

故障者続出のソフトバンクでフル回転の期待がかかる高橋純平 今季初実戦でまずまずの投球

2/18(火) 12:14配信

高校野球ドットコム

 2015年のドラフト1位右腕・高橋 純平が、17日に紅白戦に登板。右太ももの張りで8日のシート打撃登板を回避しており、これが実践初登板となったが、先頭に四球を与えながらも、栗原の盗塁阻止にも助けられ1回を3人で抑える。初の実践としてはまずまずの登板となった。

【写真】今や貴重?!高校日本代表での高橋純平(ソフトバンクホークス)

 県立岐阜商時代から、速球派右腕として注目を集めていた高橋。選抜甲子園では150キロを記録し、高校日本代表にも選出された。
 プロ入り後は2018年まで1軍登板は1試合のみにとどまっていたが、昨シーズンにプロ初勝利を挙げるとそのまま中継ぎに定着して45試合に登板。ブレイクを果たして、大きな存在感を見せた。

 チームはここまで、甲斐野央や高橋礼など故障者が続出している状況で、主力のA組だけで7名の投手が故障者となっている。先発転向の希望もあったが、チーム状況を踏まえると、昨年の実績も踏まえて中継ぎ起用の可能性も高い。

 3年連続で日本一に輝いているソフトバンクだが、ペナントレースでは2年連続で優勝を逃している。まずはペナントレースを制すために、高橋にはフル回転の活躍が求められるだろう。 2020年にさらなる飛躍を遂げるか注目だ。

栗崎祐太朗

最終更新:2/18(火) 12:15
高校野球ドットコム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事