ここから本文です

19暦年の普通鋼受注、国内向け4100万トンに減

2/18(火) 11:28配信

日刊産業新聞

 日本鉄鋼連盟が17日発表した用途別受注統計によると2019年の国内向け普通鋼鋼材受注は前年比6・3%減の4101万トンで2年連続減となり、米リーマン・ショック直後の2009年以来、10年ぶりの低水準となった。輸出向けは1・5%減の2190万トンで3年連続減となり、08年以来の水準となった。トータル受注は4・7%減の6291万トンで3年連続減となり、09年以来の水準に落ち込んだ。

最終更新:2/18(火) 11:28
日刊産業新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ