ここから本文です

「信じられない」J1名古屋フィッカ監督は同じ52歳カズがうらやましくてしょうがない…伊で同時期にプレーも20年前に引退

2/18(火) 19:05配信

中日スポーツ

 名古屋グランパスの指揮官が、背番号11を羨望(せんぼう)のまなざしで見つめた。14日のJリーグキックオフカンファレンス、フィッカデンティ監督の取材中に現れたのは、カズ(横浜FC)。2人はお互いの存在に気付くと、笑顔で握手を交わした。

【写真】衝撃のイメチェン…ネイマールの髪がまさかのピンクに

 実は、同じ1967年生まれの52歳。同時期にイタリアでプレーしていた縁もあり、長く親交があるという。約20年前に現役を退いた指揮官は「信じられないよ。ずっと抱いていたサッカー選手になる夢が現実になっても、どれだけ続くのか、という話。その夢の期間にずっといられるというのは、うらやましくてしょうがない」と語った。

 一方でフィッカデンティ監督は「彼のような情熱は、私にもある」とも話した。監督とプレーヤーという立場の違いはあれど、サッカーを愛する気持ちは不変。情熱的な指揮官の下、復権を目指すグランパスの20年がいよいよ始まった。

最終更新:2/18(火) 19:05
中日スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ