ここから本文です

「借金まみれ…と匂わせる」デマを拡散。SNSで陰湿化するママ友いじめの実態

2/18(火) 9:45配信

LIMO

人間関係の距離感をぐっと縮めてくれるSNS。ママ友ともSNSで交流している、という人はたくさんいるものです。しかし、密なコミュニケーションが取れるからこそ、いじめなど陰湿な出来事が起きてしまうことも……。SNSを通した付き合いに悩むママたちの声を聞いてみました。

SNSの普及で変わるママ友付き合い

Facebook、LINE、Twitter……さまざまなSNSが登場し、今や生活に欠かせないものになっています。もちろんママ友との交流にもSNSはぴったりのツールです。ほどよい活用方法でうまく付き合う人もいれば、毎日のようにコミュニケーションをとっている人もいることでしょう。

「10人くらいのママ友でつくっているLINEグループがあります。行事での写真を共有したり、連絡事項を確認しあったりと、便利に活用していますよ。子どもが寝たあとみんなで話せる楽しさもSNSならでは。たまに、未読が100件近くたまっていると面倒に感じますが……」(30代・小学生のママ)

たくさんの人数と一度に交流できるSNSは、「井戸端会議」のような親密さをつくる面があるのかもしれませんね。複数で一気に盛り上がれるというメリットがありますが、それが複雑な人間関係や、ときには「いじめ」につながるという話も。

「8人の仲良しママ友LINEグループがあるんですが……盛り上がっている最中に突然、個別LINEで『あの人の発言いつもおかしくない?』なんて言ってくるママがいます。自分も知らないところでマイナスなことを言われているかもと思うと、ちょっと怖いなと感じています」(20代・幼稚園児のママ)

一方では盛り上がりながら、同時に陰口を言っている……SNSだからこそ起こりえる状況だといえますね。

ママのトラブルが子どもの関係にも響く

些細なことから、あるママ友とトラブルになってしまったというIさん(30代・幼稚園児のママ)。きっかけは、相手のママとブランドバッグがかぶってしまったことだったようです。

「そのママに入園当初LINEグループに誘われて、4~5グループで出かけたりランチに行ったりと仲良くしていました。相手のママはその中でもボス的な存在。夫から結婚祝いにもらったバッグが偶然そのママと同じブランドだったのですが、気にせず使っていたんです。それが気に障ってしまったようで……」

そのうち、ボスママたちが自分抜きで行動していることに気づいたIさん。それまで頻繁に鳴っていたLINEグループも発信がなくなりました。ボスママとは気づけばほぼ会話をしておらず、会えば世間話をしていたママたちも、軽く挨拶するだけで通り過ぎてしまうことに違和感を覚えたそう。

「ほかのママたちのさりげない会話から、自分抜きのグループを新たに作っていることを感じました。あっ、仲間外れにされているんだなと。子どもも、ほかのみんなが『昨日は〇〇へ行った』と話しているのを聞いて、『どうして僕は呼んでもらえなかったの?』と聞いてきました。心が痛みましたね」

1/2ページ

最終更新:2/18(火) 9:45
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事