ここから本文です

今日の誕生日は誰だ! 2月18日は、「偉大なるポニーテール」と称された“ファンタジスタ”のバースデー

2/18(火) 7:00配信

超WORLDサッカー!

◆ロベルト・バッジョ
【Profile】
国籍: イタリア
誕生日:1967/2/18
現役時代所属クラブ:ユベントス、ミラン、インテルetc
ポジション:FW
身長:174㎝
体重:73kg

【動画】バッジョがバロンドールに輝いた92-93シーズンハイライト

『今日の誕生日は誰だ!』本日、2月18日は元イタリア代表FWロベルト・バッジョだ。

イタリアのカルドーニョで8人兄弟の6番目として誕生したバッジョは、1981年にセリエC1のヴィチェンツァで15歳にしてプロデビュー。その後、1985ねんにフィオレンティーナへと移籍。しかし、ここでこの先のキャリアでも悩まされる“ケガ”との付き合いが始まる。契約した2日後に右ヒザ十字じん帯断裂の大けがに見舞われ、移籍したシーズンは欠場。翌シーズンも活躍がままならず、4シーズン目で15ゴールを記録しついに花開く。

その後、1990年に当時最高額の150億リラ(約16億5000万円)でユベントスへと移籍。これは、多額の移籍金に対して移籍せざるを得なくなった状況であり、バッジョとしても「望ましくない」移籍だったという。それでも実力を発揮し、ゴールを量産。1992-93シーズンはユベントスをUEFAカップ優勝に導くと、FIFA最優秀選手賞とバロンドールを同時受賞した。


キャリア絶頂期だったバッジョだが、ユベントス側がインテルとの移籍交渉をスタート。これに腹を立てたバッジョは、インテルのライバルであるミランへと移籍。しかし、アリゴ・サッキ監督就任とともに出場機会が激減すると、1997年にはボローニャへ、1998年にはインテルへ移籍。2000年にはブレシアへと移籍し、2004年に現役を引退した。

“ファンタジスタ”の象徴的な存在として知られるバッジョのキャリアにおいて、切っても切れないのが「PK」だろう。1990年のイタリア、1994年のアメリカ、1998年のフランスと、3度のワールドカップに出場したバッジョは、すべての大会でPK戦を経験。特に1994年のアメリカ・ワールドカップでは、決勝のブラジル戦がPK戦にもつれ込むと、最後のキッカーであるバッジョが大きく枠を外し試合終了。優勝を逃したあのシーンは、誰もが1度は目にしているはずだ。なお、3度のワールドカップを経験しながらも、ユーロへの出場は1度もなかった。

※誕生日が同じ主な著名人
上杉謙信(大名)
斎藤一(武士/新撰組)
エンツォ・フェラーリ(フェラーリ創設者)
オノ・ヨーコ(芸術家)
影山ヒロノブ(シンガーソングライター)
斎藤雅樹(元プロ野球選手/巨人)
馳星周(作家/『不夜城』など)
ジョン・トラボルタ(俳優)
田中哲司(俳優)
ねづっち(お笑い芸人)
高島彩(アナウンサー)
TETSUYA(パフォーマー/EXILE)
安藤サクラ(女優)
久松郁実(モデル、グラビアアイドル)
木山隆之(サッカー監督/ベガルタ仙台)
クロード・マケレレ(サッカー指導者)
ギャリー・ネビル(サッカー指導者)

超WORLDサッカー!

最終更新:2/18(火) 7:00
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ