ここから本文です

新型ウイルス感染拡大で中国航空市場が縮小-ポルトガルより小規模に

2/18(火) 14:01配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 中国の航空市場はこの10年に米国を抜き世界最大になると目されていたが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で急激に縮小している。3位だった市場番付はポルトガルよりも低い25位に急低下した。

航空各社は中国湖北省を中心とする感染拡大で輸送能力を削っている。OAGアビエーション・ワールドワイドによると、国際線を運航する航空会社の中国便の座席供給量は1月20日ー2月17日に約170万席減少。これは輸送能力の約8割に相当する。中国の航空会社は国内線で1040万座席を減らした。

OAGのシニアアナリスト、ジョン・グラント氏は「輸送能力に新型コロナウイルスほど壊滅的な影響を与えた出来事はわれわれの記憶にない」とリポートで指摘。「一部の航空会社への打撃やその成長への長期的な影響は、新型ウイルス問題が解決した後も続く恐れがある」と説明した。

原題:China’s Aviation Market Shrinks to Smaller Than Portugal’s(抜粋)

(c)2020 Bloomberg L.P.

Kyunghee Park

最終更新:2/18(火) 14:01
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ