ここから本文です

小中学生の手作り人形5000体 佐賀城本丸ひなまつり

2/18(火) 12:33配信

佐賀新聞

 佐賀市で開催中の「佐賀城下ひなまつり」の関連イベントが同市の佐賀城本丸歴史館で開かれている。このうち「子どもびなの宴(うたげ)」では、市内の小中学生が紙粘土などで手作りしたひな人形約2千体が並び、観光客らを楽しませている。

 会場には多くの子ども連れが訪れ、子どもの作品を撮影する保護者の姿が見られた。子どもたちが作ったひな人形は一つ一つポーズや表情が異なり、カラフルに色付けされている。干支(えと)にちなんだネズミのひな人形もある。

 来場した野中伸一さん(52)は「息子や同級生の作品を見に来た。いろんな作品があってすごい」と感心していた。会場にはひな人形のパネルに顔をはめて撮影できるコーナーも設置されている。

 関連イベントは3月8日まで。子どもびなの宴は期間中毎日開催している。このほか、つるし雛(びな)作りワークショップ(22日)、蒸気車実走ショー(24日)、子ども着付体験(3月7日、事前申込制)などがある。

最終更新:2/18(火) 13:15
佐賀新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ