ここから本文です

殊勲のマンU主将に疑惑シーン…倒れ込みながら相手選手の股間蹴り「自然なリアクション」

2/18(火) 9:59配信

ゲキサカ

 17日のプレミアリーグ第26節・チェルシー戦で2点目を挙げたマンチェスター・ユナイテッドのDFハリー・マグワイア。しかし、勝利の功労者の行動が物議を醸している。

 両者にとっての大一番は、ユナイテッドが2-0で勝利。前半終了間際にFWアントニー・マルシャルが、後半21分にはマグワイアがゴールを決めた。一方、チェルシーもDFクル・ズマとFWオリビエ・ジルがゴールネットを揺らすが、ともにビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の介入によって得点は認められず、ノーゴールとなった。

 VARに泣いたチェルシーのフランク・ランパード監督は試合後、『スカイスポーツ』のインタビューに対応。判定は致し方ないとしながらも、敵将マグワイアが退場にならなかったことにも言及した。

 その場面は前半21分に起きた。マグワイアはサイドライン際でFWミヒー・バチュアイとボールをチェイスし、体を入れて大きくクリア。その際にライン外に倒れ込むと、マグワイアの足は対面していたバチュアイの股間を蹴り上げた。悶絶するバチュアイにチェルシー側はファウルを要求も、お咎めなしのまま試合は進んだ。

 ランパード監督は「あの判定は非常に重要なものだった。マグワイアはレッドカードになるべきだった。そして彼はその後2点目を決めた。VARの導入目的は、同じ場面を、色んな角度から見ることだ。しかし主審がモニターを見なければ、その確認はできない」と苦言を呈した。

 一方、マグワイアも試合後のインタビューで、バチュアイの股間に足が入ったことは認めている。「彼が私のほうに倒れてきそうだったんだ。あれは自然なリアクションで、意図的なものではない」と故意ではなかったことを強調している。

最終更新:2/18(火) 9:59
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ