ここから本文です

『ママをやめてもいいですか!?』、映画タイトルに込めた「子育てのリアル」 パパなりに悩み、苦しむ姿も

2/23(日) 7:02配信

withnews

【#父親のモヤモヤ】
『ママをやめてもいいですか!?』。夫の立場で聞くと、ドキッとする言葉かもしれません。そんな若干、刺激的なタイトルのドキュメンタリー映画が29日、東京・新宿シネマカリテで公開されます。孤独な子育ての日々、なかには産後うつをわずらう女性も出てきます。と聞くと、深刻で重そうに思えますが、つくりはとてもポップな「娯楽映画」です。豪田トモ監督に、映画について、育児を取り巻く問題について聞きました。(朝日新聞記者・武田耕太)

【マンガ】「パパはッ、圧倒的に役に立たない」赤ちゃん目線で描く「イクメン」 その真意は…ラストに共感

取材で見えた「子育てのリアル」

――「笑って泣ける子育てエンターテインメント映画」を掲げるこの作品には、子育てに奮闘する複数の母親や、その家族の姿が描かれます。産後うつを乗り越えて新しい命を迎えようとする女性、子ども時代のつらい記憶から、我が子を抱きしめられない女性、産後うつで自死する女性……。どうしてこのテーマで撮影を始めようと思ったのでしょうか?

長らく命や家族をテーマに取材を続けているなかで、「産後うつ」「ワンオペ育児」「孤独な子育て」などのキーワードを聞く機会が多くなりました。

それで、ネットで産後うつについてお話を聞かせてもらえませんか? と投げかけたら、体験者からたくさんの反響がありました。そこから取材をスタートさせ、産科医や助産師、臨床心理士の方々に話を聞くうちに、いろんな「子育てのリアル」が見えてきて、だんだんと「これはなんとかしないといけないな」と。「子育て環境を変えないと日本は大変だぞ」と感じるようになり、つくり始めました。

「重い映画も軽やかに」

――映画をつくるうえで意識したことはありますか?

ひとつは「産後うつの映画にしない」ということ。「重い映画にしない」ということですね。「重い映画も軽やかに」というのが僕のモットーです。「重いものを重く表現してどうするんだ」という意識がクリエーターとしてあります。音楽の使い方に工夫したり、アニメーションを何カ所か使ったり。明るく笑える場面もいっぱい入れ込みました。感動と共感と笑いと。その三つがバランスよく配置されるように心がけました。

あとは「娯楽映画」として見ていただけるようにというのも意識しました。ドキュメンタリーを娯楽映画と思っている人はあまりいないと思うのですが、あえて娯楽的に見えるようにチャレンジしました。

――タイトルに込めた思いを教えてください。

「ママをやめたい」と本気で思っている人はいません。でも、「やめてもいいですか?」と思ってしまう瞬間は山ほどある。ただ、それはなかなか口に出しては言えなくて……。現代の「子育てのジレンマ」をうまく言い表していると思いました。

さらにこれ、「いいですか!?」という「疑問符」なんですよね。誰に投げかけた疑問符なのか、というところもポイントだと思います。自分自身へというところもあるし、パートナーに「なんとかしてほしい」ということでもあるし、社会に対して突きつけるようなメッセージでもあります。

1/4ページ

最終更新:2/23(日) 7:02
withnews

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ