ここから本文です

2020年のスタートアップ業界を占う登竜門イべント、優勝は検査・検品の自動化担う「アダコテック」:ICC FUKUOKA 2020

2/19(水) 8:10配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

福岡で2020年2月17~20日まで開催中の、イノベーションカンファレンス「ICC FUKUOKA 2020」。2月18日に開催されたスタートアップの登竜門コンテスト「スタートアップ・カタパルト」では、注目のスタートアップ15社がピッチ(短いプレゼン)を披露した。

【全画像をみる】2020年のスタートアップ業界を占う登竜門イべント、優勝は検査・検品の自動化担う「アダコテック」:ICC FUKUOKA 2020

審査員からの投票で優勝企業に選ばれたのは、検査・検品を自動化するソフトウェア「アダコテック」だった。

入賞したスタートアップ 一覧

優勝

検査・検品を自動化するAIソフトウェア/アダコテック(河邑亮太氏)

2位

車パーツのECサイト「モタガレBusiness」/MiddleField(中山翔太氏)

3位

越境EC支援事業「WorldShoppingBIZ」/ジグザグ(仲里一義氏)

4位

日本茶の海外輸出事業/World Matcha(塚田英次郎氏)

5位

全国定額住み放題サービス/アドレス(佐別当隆志氏)

6位

仮想通貨取引の違法取引監視サービス/Basset(竹井悠人氏)

“検査・検品の自動化”で人手不足を解決

アダコテックの検査・検品の自動化ツールは、国内で140万人が従事していると言われる製造業の検査・検品プロセスを効率化する。この背景には、人手不足と高齢化の影響も相まった「検査業界の疲弊」がある。

同社が提供する技術では、検査対象の部品を画像解析し、不良品を識別。どこがどの程度不良なのかが一瞬でわかるという。

ピッチで評価されたポイントは、技術の強みと主要メンバーの過去の実績だ。従来の不良品を識別する画像解析ソフトウェアには、正常品・不良品ともに大量の学習データ(正しい答えを出力させるために機械に読み込ませるデータ)が必要とされていた。

同社が持つ産業技術総合研究所(産総研)の特許技術を使い、従来の「不良品として学習したものを検出」するやり方ではなく「正常を逸脱したものを検出」する。

必要なのは正常品のデータ100枚のみで、通常のディープラーニングでは数時間かかる学習時間を数秒で終えることができ、計算処理の負担が小さいため10万円程度のパソコンでも解析ができるという。

取締役の河邑亮太氏は、三井物産で7年間、南米の自動車ビジネスを担当した後、DMM.comを経てアダコテックに参画。主任エンジニアには14年間にわたり同技術を磨いてきた産総研ベンチャー出身者を抱え、特許技術を発明した教授も技術顧問となっているという。

その他のエントリーは以下。

外国人エンジニアの就労支援サービス/One Terrace(石中達也氏)

チームの文書作成・活用ツール「flouu」/プライズ(内田孝輔氏)

アパレル店員のスポット採用プラットフォーム/MESHWELL(メッシュウェル)(窪田光平氏)

会議改善クラウドサービス/SmartMeeting(佐々木真氏)

サービス業の店舗運営をデジタル化するアプリ「はたLuck」/ナレッジ・マーチャントワークス(染谷剛史氏)

トレーニングのオンライン指導ツール/Sportip(髙久侑也氏)

AI活用したタクシー相乗りサービス/NearMe(髙原幸一郎氏)

AI活用した採用・配置最適化ツール「TRANS.HR」/トランス(塚本鋭氏)

車のシェアリングサービス「バンシェア」/Carstay(宮下晃樹氏)

(文・写真、西山里緒)

西山 里緒

最終更新:2/19(水) 17:01
BUSINESS INSIDER JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ