ここから本文です

ボッシュ、オープンIoTプラットフォーム出展へ…コネクテッドワールド2020

2/19(水) 10:45配信

レスポンス

ボッシュ(Bosch)は2月17日、ドイツで2月19日(日本時間2月19日夜)に開幕する「コネクテッドワールド2020」に、「Bosch IoT Suite」を出展すると発表した。

[関連写真]

Bosch IoT Suiteは、オープンIoTプラットフォームだ。ウェブ接続が可能なモノを認識し、データを組織化して交換できるようにする。これによりさまざまなサービスやビジネスモデルの実現が可能になる。さらに、ビックデータも分析・処理して、管理することができる。Bosch IoT Suiteは、ネットワーク化された世界の頭脳に相当し、インターネットに接続したデバイス、ユーザーや企業が必要とするあらゆる機能を提供できるという。

Bosch IoT Suiteは、複数の自動車メーカーが導入している。例えば、メルセデスベンツを擁するダイムラーは、車載ソフトウェアの無線アップデートに、Bosch IoT Suiteを利用している。

およそ400万人のダイムラーのユーザーが、携帯電話ネットワークを介して便利かつ安全に、新しいバージョンの車載ソフトウェア(インフォテインメントシステムの更新など)を受信できる。ソフトウェアの更新のために、ディーラーに行く必要はない。Bosch IoT Suiteは、ワイヤレスアップデートの受信側の車両の通信ハブの役割を果たす。

ボッシュは、Bosch IoT Suiteはすでに1000万を超えるセンサーやデバイスなどを、ユーザーやエンタープライズシステムに接続している、としている。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:2/19(水) 10:45
レスポンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ