ここから本文です

日比美思、初のコメディー挑戦 『ドラ恋』は「毎回布団を被りながら観てます…」

2/19(水) 16:01配信

オリコン

 女優の日比美思(21)が舞台『バレンタイン・ブルー』(25日まで、銀座・博品館劇場)で姉妹アイドルユニット「オーガニック」の妹役を演じる。AbemaTVの人気リアリティーショー『恋愛ドラマな恋がしたい~Bang Ban LOVE~』でも注目を集める日比が、初のコメディーについて語った。

【全身カット】黒のニットにロングスカート姿の日比美思

 『ドラ恋』の撮影に臨む上で意識していることを問われると「私は今まで本当に恋愛をしたことがなかったので、そういう意味ではかなりの挑戦です。毎回キスシーンがあったりするのですが、『私で大丈夫ですか?』という気持ちでスタートしましたね(笑)。プライベートの自分は、仕事もあるし、小心者なので恋愛に一歩踏み出せなかったのですが、このドラマでは、芝居も恋愛もちゃんとやらなければいけないというところをとにかく意識しています。でもドキドキして、結局、素の自分のままだったり…(笑)」と照れながら語る。

 「異性に対する“好き”という気持ちが私の中で実はあやふやで、感情としては中学生くらいで止まっているのですが(笑)」と打ち明けながらも「実際に演じるとこうなるんだと、新たな自分の一面を発見できました」とにっこり。ちなみに、オンエアは「毎回布団を被りながら、観ています。恥ずかしいので(笑)」と赤面していた。

 エイベックス・マネジメント所属の俳優によるユニット『Avenue X theater』の第1回公演としても注目される『バレンタイン・ブルー』。日比はアイドルユニットのオーガニックの妹役で出演する。役柄について「かわいいと言いますか、どこかツッコミどころのある、おかしい役を演じています。姉はそのアイドルユニットに対して積極的なのですが、それに対して妹は『もう、いいんじゃない…』と、どこか冷めています」とした。

 自身にとって初めてのコメディーリリーフ。「これまで私は、コメディーについてはあまり触れたことがなかったですが、テンポ感や舞台上でのリズムというのがコメディーにおいて大事なんだと気付かされました。なので、テンポ感やリズムについて意識して取り組んでいますが、とても新鮮です。けいこ場では、そのシーンに出演していない役者さんたちも傍らで観ているわけですが、日によって聞こえてくる笑い声が違うんです。そういった意味でコメディーは日々進化して面白いなと思います」。

 注目ポイントについては「アイドルとして歌うシーンですね」とにっこり。「『掛け声』なんかもあるので、客席に座っている人たちも参加でき、手拍子などをしてくれたらとてもうれしいです。そんな中で私は、ファンが声をかける際はファンが引き立つような演技を心がけています。基本的にはコメディーリリーフで、外野からやんややんや言っている役なのですが、彼女なりに成長していく姿にもぜひ注目してほしいですね」と見どころを語る。

 最後に「総勢15人の出演者がいるなかで、一人ひとりにきちんとスポットが当たっていきますので、その個性にぜひ注目してもらえたら。常に誰かが誰かを支えていて、誰が欠けても成り立ちません。ほっこりあたたかいストーリーで、クスクス笑えてホロッともします。ぜひ楽しみにしていただきたいです」と呼びかけた。

最終更新:2/22(土) 17:25
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ