ここから本文です

デジタルとアナログの融合。大人好みのG-SHOCKを発見!

2/19(水) 13:05配信

FINEBOYS Online

2020年に突入して早2カ月。各腕時計ブランドが続々と新作をリリースしているが、やはりG-SHOCK(Gショック)の新作を見逃すわけにはいかない! 2月発売の「GA-2000」シリーズと「GA-2100」シリーズは、デジタル時計とアナログ時計の役割を併せ持つモデル。G-SHOCK(Gショック)らしいタフネスさはそのままに、ファッションとの相性がよさそうなくすみカラーやアースカラーは取り入れやすさ抜群だ!

視認性とデザイン性を両立させた新作時計

デジタルとアナログが組み合わされた文字盤で、時刻の見やすさとデザイン性が高められている「GA-2000」シリーズと「GA-2100」シリーズ。新作はファッションになじむアースカラーが魅力だ。どちらも新たに生み出された耐衝撃構造「カーボンコアガード構造」で、より頑丈な内部構造を実現している。右2つの「GA-2000」シリーズは、6時位置の大型フロントボタンが目を引くモデル。このボタンはデザインのアクセントとしてだけでなく、ライトの操作もすることができる。八角形のケースが特徴的な左3つの「GA-2100」シリーズは、なんといっても薄型なところに注目したい。ゴツい腕時計に抵抗がある人でも、取り入れやすいモデルだ。機能面で言えば、文字盤の針が液晶表示と重なって見づらいときに、針を液晶表示の上から一時的に退避させることができる機能(針退避機能)や、文字盤と液晶どちらも照らすダブルLEDライトを搭載するなど、デジタル×アナログならではの機能も充実している。

迷彩文字盤が男らしいGA-2000

G-SHOCKの新たな定番モデルとなりつつある「GA-2000」シリーズ。新作は、ファッションにもなじみやすいユーティリティ(=実用的)カラーがベース。カモフラージュ柄の文字盤を組み合わせ、G-SHOCK(Gショック)らしいタフネスさを表現。カーボンケースで内部のモジュールを保護する新たな耐衝撃構造「カーボンコアガード構造」を採用しているので、日常生活はもちろんレジャーシーンでも安心してつけていられる。色は男らしさあふれるブラック×カーキ、春らしいアクセントに最適なくすみブルーの2色をラインナップ。

スマートな薄型ケースが魅力のGA-2100

G-SHOCK(Gショック)のデジタル×アナログコンビネーションモデルのなかでも薄型の「GA-2100」。今回の新作は「GA-2000」シリーズ同様、ユーティリティ(=実用的)カラーをベゼル・文字盤・バンドに落とし込んだ。さりげなく個性が主張できて、さまざまなファッションにマッチするデザインになっている。さらに新構造の二重成形のベゼルカバーを採用。バリエーションはイエロー、カーキ、迷彩柄の3つ。武骨な男らしさはキープしつつも、ゴツすぎずスタイリッシュにつけられるG-SHOCK(Gショック)だ。

最終更新:2/19(水) 15:59
FINEBOYS Online

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ