ここから本文です

「悔しいけど、嬉しい」山本純子とその背中を見て育った若手の成長と課題「Red Bull Ice Cross World Championship Yokohama 2020」

2/19(水) 15:10配信

FINEPLAY

2018年12月、横浜で「Red Bull Crashed Ice World Championship Yokohama 2018」(以下、「RBCI Yokohama 2018」)として日本初上陸を果たした「アイスクロスダウンヒル」。日本で2回目の開催となる今年は2月15日に横浜市・臨港パークにおいて「Red Bull Ice Cross World Championship Yokohama 2020」と名称を新たにし、ATSX (All Terrain Skate Cross)連盟が主催するトップカテゴリの世界選手権として開催された。

「アイスクロスダウンヒル」はアイススケートのプロテクター、スケートシューズ を身につけ、障害物や高低差が設けられた全長最大約700メートルの氷で作られた特設コースを滑り降りる競技だ。選手の最高時速は時速約80キロメートルに達するといい、転倒やクラッシュも起こる迫力満点のレース。選手たちは鍛え上げた己の肉体と培ったテクニックで氷上最速を目指す。

日本に上陸して間もない、新しいスポーツである「アイスクロスダウンヒル」だが、日本に先駆者がいることをご存知だろうか。彼女の名は、山本純子。アイスホッケー選手としてプレーしながら、2010年に「Red Bull Crashed Ice World Championship」初出場。山本は念願の国内初開催となった「RBCI Yokohama 2018」で見事6位入賞を飾り、競技と自身の名を日本中に知らしめた存在だ。

山本の涙、その2つの意味

「母国で優勝する」と意気込み今大会へ臨んだ山本は、前日に行われた予選を経て敗者復活で決勝へ進出。しかしQuarter Finalsでは、今大会で優勝を飾っているマクシー・プランテ、ミリアム・トレパニエと同じヒートとなる。山本は「練習では滑れていたし、その中でもレースのランが一番いいランだった」と話すように好調な滑りをキープ、しかしカナダの強豪選手2名を追い越すことができず3位でのゴール、敗退を喫した。

レースを終えた彼女の第一声は、「こんなに悔しいレースは久しぶり」。眼には涙をため、絞り出すような声であった。
「母国で沢山の人が見に来てくれていることが本当に嬉しくて。走り出したら周りの声がすごく聞こえてきて、それがあったから足を動かし続けることができた。だからなおさら勝てなくて悔しい。嬉しさと悔しさで感極まってしまった」のだという。

パイオニアとして世界各地で転戦し、母国での優勝を夢見て走り続けてきた山本が、今大会にかける思いは非常に強いものであったに違いない。
山本は悔しさをにじませつつも、「ベストを出しても追いつけなかったのはそれだけ2人のレベルが高かったから。力を出し切って勝てなかった悔しさはあるが、練習から今回のランまでの間で着実にレベルアップを実感できている」と話す。結果を冷静に分析し、次へ向かう山本のこの姿勢を選手たちは追い続けてきたのだ。

「年齢を重ねてはいるが、衰えは感じていない。これだけたくさんの人が興味を持って足を運んでくれる人がいる以上は自分が選手として現役でいながら、日本のシーンを盛り上げていくことを考えていきたい」。
そう話す「アイスクロスダウンヒル」の開拓者・山本の眼には、競技に対する情熱のともしびが静かに燃えている。

彼女はこれからも、観客の期待と日本のシーンを背負って滑走を続けていく。

1/3ページ

最終更新:2/19(水) 15:10
FINEPLAY

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事