ここから本文です

ガルシアがクラブ契約フリーになって選んだのはSIMドライバーにPINGのブループリント! なぜフリーになったの? 本人に直撃!

2/19(水) 11:31配信

みんなのゴルフダイジェスト

今週開幕するPGAツアー「WGCメキシコチャンピオンシップ」を取材する月刊ゴルフダイジェストのツアー担当・ケンジロウが注目したのは、セルヒオ・ガルシオのクラブセッティング。契約フリーになり、ガルシアが選んだ14本とは? 本人に直撃した。

セルヒオ・ガルシアのクラブセッティングはこちらから

「ピンを使うなんて珍しいだろ?」by本人

HOLA! こんにちは。ケンジロウです。今年もメキシコに来ております。

そう、今週のトーナメントはメキシコシティで行われる世界選手権、「WGCメキシコチャンピオンシップ」です。メキシコシティの中心部から北に20分ほど車を走らせた場所にあるチャプルテペックGCよりお届けしております。

世界ランキング50位以内が出場できるWGCですから、フィールドは厚いですよね。ダスティン・ジョンソン、ロリー・マキロイ 、ジョン・ラーム 、ジャスティン・トーマスら世界ランキング上位者に加え、先週勝ったアダム・スコット、欧州組のセルヒオ・ガルシア、トミー・フリートウッド、リー・ウェストウッドらも出場します。世界ランキング2位のブルックス・ケプカとタイガー・ウッズが出ないのはちょっと残念ですがね。

日本人も3人が出場。先週のジェネシスオープンでも優勝争いに絡むなどただいま好調の松山英樹。そして昨年の日本ツアーの賞金王の今平周吾、賞金ランキング2位だった石川遼も参戦します。

さて、今週最初の話題はと言うと、セルヒオ・ガルシアです。

もう気づいている方も多いかもしれないですが、彼のクラブセッティングに大幅な変化があったんです。

写真Aをご覧ください。昨年までの面影がまったくありませんね。ドライバーがテーラーメイドの「SIM」(9度)に、おもりの位置をドローポジションにしていますね。シャフトはテンセイのブルー(80TX)。そしてスプーンもクリークもSIMで統一しています。

アイアンはPINGの「ブループリント」で、3番からPWまで入れています。シャフトはキャロウェイ時代と変わらず日本シャフトのモーダスツアー130。ウェッジもPINGでグライドフォージドの54度と60度。そしてパターもPINGのPLDパター(アンサー型)を入れています。元々トゥーロンのアンサー型を使っていましたからね、この形が好きなんでしょう。唯一変わってないのは、牛のヘッドカバーぐらいですかね(笑)。

キャロウェイの前はテーラーメイドとの契約でしたから、テーラーのウッド系は余り違和感がないんですが、PINGのクラブを使う姿はなんか新鮮ですよね。でもなぜ今年から契約がフリーになったのか? 練習場に現れた本人に聞いてみました。

「元々キャロウェイのクラブを使っていて気に入っていたんだけど、ボールがなかなか自分に合わなくてね。ボールのことを考えたときに、契約フリーの道を選んだんだ」

と言いながら見せてくれたのは、いま使っている「プロV1x」。クラブ契約条件に「ボールを含む」という“ボールしばり”があるケースは多く、そのために契約を変えたりフリーになったりというのはよく聞く話ですよね。

1/2ページ

最終更新:2/19(水) 11:31
みんなのゴルフダイジェスト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事