ここから本文です

また不正受給!?政務活動費 「自分だけはバレない」となぜ思う?【選挙ドットコムちゃんねるダイジェスト】

2/19(水) 18:03配信

選挙ドットコム

またまた出ました! 議員の政務活動費、不正受給疑惑のニュース。
過去には不正を行った議員による伝説の「号泣会見」や14人もの議員が辞職に追い込まれたニュースなど、全国的に注目されて散々バッシングを受けているのに、同じような事例が続発するのは一体、なぜ?

今回の番組では、どうにも解せない議員の金銭感覚や、松田氏が「穴だらけ」と評する議会の政務活動費にまつわる支給のシステムや運用ルールなどについて、詳しく見ています。番組内容をダイジェストでご紹介しましょう。

現役最高齢の県議の不正受給が発覚!

乙武 「今回のテーマはこちら!『政務活動費不正受給』ということですけれども。新しいニュースが入ってきたんですね?」

松田 「なくならないね、これねー(ため息)」

千葉 「はい、そうなんです。福井県の石川与三吉(よそきち)県議が2013年から16年度までに44回、現地に足を運ばないカラ出張を繰り返し、政務活動費およそ280万円を不正に受給した疑いがあることがわかったんですね。

ご本人は取材に対して『現地には行っていない』と認める一方で『誰かが誤って書類を作成、提出したのかもしれない。不正という指摘があるなら返還したい』と述べたということなんです」

乙武 「問題の県議は89歳じゃないですか」

松田 「現職最高齢の県会議員さんです」

乙武 「これってご本人なんですかね? 事務所がご本人の預かり知らぬところでチャッチャッチャッとやちゃってる可能性はないですか?」

松田 「まあそういう可能性もなくはないですが……。ご本人も『誰かが』っておっしゃってますしね。でも実際、過去に行われた数々の政務活動費の不正受給の事例を見ていると、本人がやっているケースが圧倒的に多い」

乙武 「あ、そうなの?」

松田 「僕自身も、もう10年以上前ですけど、当時お手伝いしていたある県議会議員さんに3月に呼ばれて、何の打ち合わせかなと思ったら『ホームページを作ったことにして30万円の領収書を書いてくれ』と言われまして」

千葉 「えー?」

乙武 「これピー入れるんで名前行きます?」

松田 「いや、もう引退した方なんで名前は言いませんけどね。『先生、それ犯罪ですよ』って言って、2度と手伝わなかったんですが。本当にあるんですよ、実際にね」

乙武 「へー、じゃあ虎視眈々と狙っている人はけっこういるってことですね」

松田 「そうですね。これだけ全国的なニュースになって、それでも認知が歪むんでしょうかね。『自分だけは大丈夫だ』って」

乙武 「そうじゃなかったらニュース見てないか」

松田 「見てないはずないです。一応、議会はどこも全部、政治・議会関連の新聞の記事とかね、スクラップして毎日議員に届けてくれるんで、絶対、見ているはずなんですけど」

乙武 「この県議さん89歳ですよね。当時でも余裕で80代でしょ。それだけご高齢でもこういうちょろまかしをやってるって、なんかモチベーションがすごいっすね! そこまでして何に使いたかったんだろう」

松田 「何に使いたかったのかねー。選挙にお金をかけたかったのか……。でも福井県だってことを考えるとまあそんなに…」

乙武 「福井県は自民が強いから圧勝だもんね」

松田 「楽に勝てると思いますしね。なんだろうな、退職金代わりのつもりだったのか」

乙武 「孫にお年玉をあげたかったのか」

松田 「いやどんだけのお年玉?って話ですよ。お孫さんだっていい年だと思いますしね」

乙武 「そうだよね」

松田 「まあなんでそういう気になったんだか気になるところですけどね、本当にしょうがない」

1/6ページ

最終更新:2/19(水) 18:03
選挙ドットコム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ