ここから本文です

【働くMartミセス】専業主婦歴10年の経験が活かされたこととは?|Mart

2/19(水) 12:50配信

magacol

仕事と子育てを両立しているMart世代の女性にフィーチャーする「働くMartミセス」。今回お話を聞かせてくださったのは、子育てをしながらアパレル店舗で働く寺尾沙織さんです。

3人の子どもを必死になって育ててきた約10年を経て、パートでの仕事をスタート。さらにこの秋からはアパレルのショップにも立つようになるなど、生活が一変。そんな今の気持ちを聞きました

【プロフィール】

寺尾沙織さん アパレルブランド「Q♪」の本社と ショップにてパート勤務。
週に2日アパレル本社の倉庫で在庫の検品・発送業務をする傍ら、さらに3日店舗に立ち販売業務も行う。日常の楽しみは趣味のカラオケと、ママ友とのランチ。夫と長女(小 3)、次女(小1)、長男(年中)の 5人家族。

育児に孤軍奮闘した10年 そこで成長した自分に 仕事を通じて持てた誇り

自分の好きなジャンルで働くという充実感で自分の価値を見出した

「店舗でお客様と話をしながら、自分が提案したコーデを気に入ってもらえるときがうれしいですね。自分がお店で働いている価値を実感できるんです」

10 月から週に2、3回「Q♪と いうアパレルの店舗で働いている寺尾さん。
「前の年の 10 月から同社の本社でパート事務として働いていて、会社の雰囲気を知っていたこともあり、アパレル未経験ながらチャレンジできました」

店舗での仕事はお客さんへの声のかけ方やタイミングなど、今は覚えることがたくさん。
「お客様にいつ声をかけるのがいいのか、提案するセットコーデは何がいいかなど毎回悩み、接客の難しさを実感しています。でも好きな仕事なので、悩む気持ちをバネに『頑張ろう!』と前向きに楽しめています」

今は仕事を覚えるために、週末を含め週2、3日店頭でのシフトを入れ、さらに続けている本社での仕事も掛け持ちしているため、それを合わせると仕事は週に4、5日と忙しい。

「仕事の日数は多くなりましたが、子どもが病気になったときや、夏休み・冬休みは休めるなどママに優しい職場で、働きやすいのと、さらに私自身忙しいほうが性に合っていることもあり、今は毎日にハリがあります」

そんななか、働くことで手にしたのは“、母親ではない自分”と自信。
「仕事中は母親から一人の女性に戻れるのがいいですね。自分で稼ぐことで自信もつきました」

1/4ページ

最終更新:2/19(水) 18:26
magacol

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ