ここから本文です

4月から「改正健康増進法」施行 飲食店オーナーが受動喫煙対策を学ぶ 岡山市

2/19(水) 18:26配信

KSB瀬戸内海放送

 受動喫煙対策を強化する4月の改正健康増進法の施行を前に、飲食店も頭を悩ませています。岡山市では飲食店オーナー向けのセミナーが19日、開かれました。

 セミナーではJT日本たばこ産業の職員が飲食店オーナーに向け、改正後の健康増進法の要点や店内に喫煙専用室を設ける場合の基準などを解説しました。

 その後、市内の飲食店を訪問し、今後必要な対応について相談を受けました。

 改正後の法律では喫煙室のない小規模な飲食店が喫煙を可能にした場合、20歳未満は入店できなくなります。

(飲食店のオーナーはー)
「お酒を飲んでタバコ、今まではなんとなく食に関してもつきものだったと思うんですけど。きょう聞いたのはショックというか…」

最終更新:2/20(木) 10:35
KSB瀬戸内海放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事