ここから本文です

米内国歳入庁、3月にサミット開催──仮想通貨企業に招待状

2/19(水) 15:00配信

CoinDesk Japan

アメリカ内国歳入庁(IRS)は3月3日に開催予定のサミットに多くの仮想通貨企業を招待した。CoinDeskは招待状のコピーによると、仮想通貨への課税、その執行など既存の手法について議論する。

このニュースは2月18日(現地時間)、Bloomberg Taxが先に伝えた。IRSの広報担当者はサミットが来月予定されていることを認めた。

サミットはワシントンDCにあるIRS本部で開催され、テクノロジー、取引所が直面する課題、税制、コンプライアンスの4つのパネルディスカッションが予定されている。登壇するパネリストはまだ確定していない。

ブロックチェーン協会(Blockchain Association)のクリスティン・スミス(Kristin Smith)氏は、IRSは少なくとも1月にはサミット開催を予定し、パネリスト候補者に打診を行っていたとCoinDeskに語った。

「IRSはこのイベントをエコシステム(の参加者)から学ぶ機会にしようとしていると私は理解しているが、IRSの考え方を知る機会になるかもしれない」と同氏は述べ、既存の規制と指針の順守をIRSが注力している分野として指摘した。

IRSはサミットで同庁の将来の指針を告知すると明示していないが、スミス氏は、IRSはイベントで得た情報を仮想通貨の発展のための優れた規制フレームワーク構築に利用してほしいと述べた。

このニュースの数日前には、会計監査院がIRSは既存の指針を明確化するための複数の勧告の採択を拒否したと発表した。

IRSは2019年秋、仮想通貨に関する新しい指針を発表し、ハードフォーク、利益の計算方法、仮想通貨収入の評価方法などを示した。しかし2014年以来、初めて発表された指針は、エアドロップに関する新たな疑問を提起しており、小規模な取引には触れていない。

翻訳:CoinDesk Japan編集部 | 編集:増田隆幸 | 写真:Shutterstock | 原文:The IRS Is Inviting Crypto Firms to a ‘Summit’ in DC Next Month

CoinDesk Japan 編集部

最終更新:2/19(水) 15:00
CoinDesk Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ