ここから本文です

【J1開幕直前クラブガイド】王者を支えた指揮官、攻撃的に転換しリスタート《清水エスパルス》

2/19(水) 20:30配信

超WORLDサッカー!

FUJI XEROX SUPER CUP 2020、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)、YBCルヴァンカップとすでに公式戦が開幕。そんな中、J1リーグが最後に開幕を迎える。

超ワールドサッカー編集部が、チームのノルマや補強達成度、イチオシ選手、そして、東京オリンピックを翌年に控える注目の五輪候補をお届け。第7弾として、昨季のJ1・12位清水エスパルスを紹介する。

◆補強動向《C》※最低E~最高S
【IN】
GKネト・ヴォルピ(27)←アメリカ・デ・カリ(コロンビア)/完全移籍
GK新井栄聡(24)←ツエーゲン金沢/復帰
DF奥井諒(29)←大宮アルディージャ/完全移籍
DF金井貢史(30)←名古屋グランパス/完全移籍
DFヴァウド(28)←セアラー(ブラジル)/完全移籍
DF岡崎慎(21)←FC東京/期限付き移籍
DFノリエガエリック(18)←清水エスパルスユース/昇格
MF西村恭史(20)←ファジアーノ岡山/復帰
MF宮本航汰(23)←FC岐阜/復帰
MF鈴木唯人(18)←市立船橋高校/新加入
FW川本梨誉(18)←清水エスパルスユース/昇格
FW栗原イブラヒムジュニア(18)←三菱養和SCユース/新加入
FWティーラシン(31)←ムアントン・ユナイテッド(タイ)/完全移籍
FW後藤優介(26)←大分トリニータ/完全移籍

【OUT】
GK六反勇治(32)→横浜FC/期限付き移籍
GK髙木和徹(24)→V・ファーレン長崎/期限付き移籍
DF鎌田翔雅(30)→ブラウブリッツ秋田/完全移籍
DF二見宏志(27)→V・ファーレン長崎/完全移籍
DF飯田貴敬(25)→京都サンガF.C./完全移籍
DF松原后(23)→シント=トロイデン/完全移籍
MF楠神順平(32)→退団
MF水谷拓磨(23)→AC長野パルセイロ/完全移籍
MF増田誓志(34)→現役引退
MF清水航平(30)→サンフレッチェ広島/期限付き移籍→完全移籍
FW髙橋大悟(20)→ギラヴァンツ北九州/期限付き移籍延長
FWドウグラス(32)→ヴィッセル神戸/完全移籍

低迷したここ2シーズンからの脱却を目論み、選手の入れ替えだけでなく、監督、フロント陣も刷新した。

監督には昨シーズンのJ1王者に輝いた横浜F・マリノスで優勝を経験し、アンジェ・ポステコグルー監督の右腕として長らく働いていたピーター・クラモフスキー氏を招へい。さらに、GKネト・ヴォルピ(←アメリカ・デ・カリ)、DFヴァルド(←セアラー)の2名のブラジル人を補強した。

さらに、サンフレッチェ広島でもプレーしていたタイ代表FWティーラシン(←ムアントン・ユナイテッド)を獲得。ヴィッセル神戸へと旅立ったFWドウグラスの穴をどれだけ埋められるかが大きな課題となりそうだ。

その他、DF二見宏志(→V・ファーレン長崎)、DF松原后(→シント=トロイデン)とディフェンスラインの主力2名が退団。DF奥井諒(←大宮アルディージャ)、DF金井貢史(←名古屋グランパス)を緊急補強し、DF岡崎慎をFC東京から期限付きで獲得するなど、充実した補強となった。

◆攻撃的スタイルで高みを目指す《中位争い》

ここ3シーズンは下位(14位)→中位(8位)→中位(12位)と推移しているが、内容的には2019シーズンは厳しいものがあった。

開幕から6戦勝ちなしという最悪のスタートを切り、下位で低空飛行。シーズン中盤に復調を見せかけたが、後半戦も黒星が大きく先行し、終盤には4連敗を含む6戦未勝利と窮地に立たされていた。

最終節の勝利でなんとか首の皮を繋いだ清水。クラモフスキー新監督は「攻撃的スタイル」を掲げ、多くの選手の成長と努力を重んじるスタイルでシーズンに挑む。

不安定な戦いが続いていたチームを立て直すべく、一から型を作り、選手とともに成長するスタイルは、即効性はなくともチームのためには重要なこと。外国人選手、若手選手とのバランスが取れているチームだけに、のちに大化けする可能性は十分に秘めている。

◆超WS編集部イチオシ選手
GKネト・ヴォルピ(27)

イチオシ選手は今シーズンから加入し正守護神候補のGKネト・ヴォルピだ。

今シーズン5人目のGKとして獲得したネト・ヴォルピは、YBCルヴァンカップの川崎フロンターレ戦でいきなりデビュー。5失点と守備面ではまだまだ改善の余地はあるが、魅力の1つを見事に発揮した。

右足から繰り出されるパントキックは飛距離も正確性も抜群。川崎F戦では、何度となくカウンターの起点になっていた。

また、足元の技術に長け、セービングも披露。結果からは見えない出来を見せていただけに、より守備陣との連携が高まれば、攻守ともに大きな武器となる。

◆注目の東京五輪世代!
DF立田悠悟(22)

夏に予定されている東京オリンピック世代の選手としてピックアップするのは、DF立田悠悟だ。

清水生え抜きの立田は、右サイドバックで起用されていた中、昨シーズンはセンターバックに定着。26試合に出場していた。

シーズン途中から出場機会が減っていったものの、空中戦の強さは大きな武器。今シーズンはヴァルドとのコンビが期待されるが、激戦区のセンターバック争いに負けていては、五輪出場は叶わないだろう。

昨季は崩壊した守備陣の一角を担う立田。同じく東京オリンピックを目指すDF岡崎慎もチームメイトとなり、競争はさらに激化すること間違いなし。

クラモフスキー監督の下で、ビルドアップの能力もレベルアップできれば、五輪出場も拓けてくるだろう。

超WORLDサッカー!

最終更新:2/19(水) 20:30
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ