ここから本文です

【J1開幕直前クラブガイド】J1初挑戦の指揮官、助っ人2人の離脱は大きな不安要素《ベガルタ仙台》

2/19(水) 23:20配信

超WORLDサッカー!

FUJI XEROX SUPER CUP 2020、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)、YBCルヴァンカップとすでに公式戦が開幕。そんな中、J1リーグが最後に開幕を迎える。

超ワールドサッカー編集部が、チームのノルマや補強達成度、イチオシ選手、そして、東京オリンピックを翌年に控える注目の五輪候補をお届け。第8弾として、昨季のJ1・11位ベガルタ仙台を紹介する。

◆補強動向《C》※最低E~最高S
【IN】
GKイ・ユノ(20)←福島ユナイテッドFC/復帰
GK小畑裕馬(26)←ベガルタ仙台ユース/昇格
DF浜崎拓磨(24)←水戸ホーリーホック/完全移籍
DFパラ(24)←ボタフォゴ(ブラジル)/完全移籍
DF柳貴博(22)←FC東京/期限付き移籍
MF吉野恭平(25)←サンフレッチェ広島/完全移籍
MFイサック・クエンカ(28)←サガン鳥栖/完全移籍
MF佐々木匠(21)←レノファ山口FC/復帰
FW赤﨑秀平(28)←川崎フロンターレ/完全移籍
FWアレクサンドレ・ゲデス(25)←ヴィトーリア・ギマランイス(ポルトガル)/期限付き移籍
FW山田寛人(19)←セレッソ大阪/期限付き移籍

【OUT】
DF大岩一貴(30)→湘南ベルマーレ/完全移籍
DF永戸勝也(24)→鹿島アントラーズ/完全移籍
DF小島雅也(22)→ザスパクサツ群馬/完全移籍
MF梁勇基(38)→サガン鳥栖/完全移籍
MF吉尾海夏(21)→横浜F・マリノス/期限付き満了
FW石原直樹(35)→湘南ベルマーレ/完全移籍
FWジオゴ・アコスタ(29)→退団
FW阿部拓馬(32)→FC琉球/完全移籍
FWハモン・ロペス(30)→退団

フランチャイズプレーヤーでもあったMF梁勇基(→サガン鳥栖)、キャプテンであったDF大岩一貴(→湘南ベルマーレ)、左SBのレギュラーDF永戸勝也(→鹿島アントラーズ)とチームの軸となっていた選手たちが退団した。

また、6シーズンにわたって指揮を執っていた渡邉晋監督が退任。ベガルタの一時代が終了したと言えるだろう。

そんなチームに新たに入ってきた選手は、U-21ポルトガル代表FWアレクサンドレ・ゲデス(←ヴィトーリア・ギマランイス)、元バルセロナのMFイサック・クエンカ(←サガン鳥栖)、昨シーズンは名古屋グランパスでゴールを挙げていたFW赤﨑秀平(←川崎フロンターレ)と実力者が揃った。

しかし、ゲデス(8週間)、クエンカ(6カ月)がシーズン開幕前に長期離脱。緊急でFW山田寛人をセレッソ大阪から期限付きで獲得するなど、目論見が崩れた感はある。選手層という意味では問題はないが、新監督の下での新チームがどこまで機能するだろうか。

◆初J1となる指揮官がどうチームを作るか《残留》
©︎CWS Brains,LTD.
今シーズンから木山隆之監督が指揮を執る仙台。知将として、水戸ホーリーホックやジェフユナイテッド市原・千葉、愛媛FC、モンテディオ山形とJ2クラブの監督を歴任し、常に対戦相手を苦しめる戦いを見せていた。

自身初となるJ1クラブでの監督となる木山監督。これまでとは戦う環境が大きく代わり、自身の手腕を試す場でもある。

これまで多く起用してきた[3-4-2-1]のシステムを仙台でも準備してきた中、期待のゲデス、クエンカが負傷離脱。そのため、[4-4-2]のシステムをベースに戦うこととなったが、苦しい序盤戦をどう乗り越えるかがカギとなりそうだ。

◆超WS編集部イチオシ選手
DFシマオ・マテ(31)
©︎CWS Brains,LTD.
イチオシ選手は昨シーズンからディフェンスの要となったDFシマオ・マテだ。

今シーズンはキャプテンにも就任したシマオ・マテ。昨シーズンは24試合に出場し3ゴールを記録するなど、攻守にわたって重要な存在となっていた。

木山監督にとっては、3バックでも4バックでも起用できるだけに、守備の要として期待が大きいはず。ゲデスの活躍に期待はかかるものの、まずは失点を抑えるためにもシマオ・マテを中心とした守備陣の奮闘が、結果を残すのには必要だろう。

◆注目の東京五輪世代!
MF椎橋慧也(22)

夏に予定されている東京オリンピック世代の選手としてピックアップするのは、MF椎橋慧也だ。

市立船橋高校から2016年に仙台へ加入した椎橋は、2018シーズンにポジションを掴みJ1リーグで17試合に出場。しかし、2019シーズンは12試合の出場に留まった。

U-22日本代表として2019年6月のトゥーロン国際大会に出場すると、準決勝のメキシコ戦ではuMVPに選出。それでも、チームでのポジションを掴めずにいた。

東京オリンピックに向けて、今シーズンは勝負の年。YBCルヴァンカップではベンチ入りも出場機会がなく、まずはボランチのポジションを確保する事。その先に、五輪出場が待っているだろう。

超WORLDサッカー!

最終更新:2/19(水) 23:20
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ