ここから本文です

【MLB】アストロズ、今季“最速報復死球”の被害者は? 米メディアが物騒な“珍オッズ”発表

2/19(水) 14:34配信

Full-Count

「2020年最初に死球を受けるアストロズ選手」は? 元DeNAグリエルの名前も…

 アストロズのサイン盗みは他球団の選手から憎まれ、ファンからは半ば“コケ”にされ始めている。そんな中、米スポーツ専門メディア「ブリーチャーレポート」が運営するブックメーカー「BRベッティング」は「2020年最初に死球を受けるアストロズ選手」のオッズランキングを発表。ファンが最も早く「ぶつけられるだろう」と考えた選手は誰だったのだろうか。

【動画】ストローマンが指摘した“不可解”なゴミ箱叩き アストロズがブルージェイズ相手にサイン盗みを行っていたとされる実際の映像

 名前が上がったのは8人の選手。その中で3人の選手、ジョシュ・レディック外野手、ヨルダン・アルバレス外野手、マイケル・ブラントリー外野手が並んで最も高配当、つまり“最速”で死球を当てられる確率は低いと考えられた。

 この3人が100ドル(約1万1000円)の賭け金で、30倍の3000ドル(約33万円)が得られるのに対し、5位の元DeNAユリ・グリエル内野手は確率がグッとあがり、600ドル(約6万6000円)の配当金となっている。昨季の先頭打者、ジョージ・スプリンガー外野手は4位で450ドル(約4万9500円)だった。

1位は3.5倍、ファンの予想は「普通に考えれば先頭打者」「100%でアルトゥーベ」

 2位にはホセ・アルトゥーベ内野手、カルロス・コレア内野手が4倍の400ドル(約4万4000円)で並んだ。アルトゥーベといえばキャンプ地で行われた謝罪会見で完全否定こそしたが、サインを知らせるブザーを着用していたという“疑惑”もくっついている。そんなアルトゥーベを上回ったのが、アレックス・ブレグマン内野手。3.5倍の350ドル(約3万8500円)だった。ファンもこのオッズランクに大盛り上がりで、コメントには様々な推論が並べられた。

「普通に考えれば先頭打者だろう」

「先頭打者」

「ブレグマンがシーズン初打席の初球でぶつけられるのか」

「カルロス・コレアは顔面死球だな」

「間違いなくホセ(アルトゥーベ)だろ」

「100%でアルトゥーベ」

「レディックはもっと上の方にいるべきだと感じるが」

「最初にぶつけられるのは、初戦の先頭打者だよ」

「カルロス・コレア」

「爆笑」

 今季はダスティ・ベイカー新監督が就任したこともあり、打順がどうなるかは不透明だが、昨季まではスプリンガーが1番を務めることが多かった。アルトゥーベは数試合で先頭打者になり、ブレグマンはシーズン中盤に2番での起用も見られた。ファンに好印象ではないブレグマンか、先頭打者か、はたまた何も起こらないのか。ロブ・マンフレッドMLBコミッショナーは「報復死球は許されない」と通達したというが、果たして“平和的解決”となるだろうか。

Full-Count編集部

最終更新:2/19(水) 16:37
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ