ここから本文です

久保裕也所属のシンシナティ、“不適切発言”ヤンス監督の辞任を発表

2/19(水) 7:07配信

ゲキサカ

 FW久保裕也が所属するアメリカ・メジャーリーグサッカー(MLS)のシンシナティは18日、不適切な発言をしたと見られるロン・ヤンス監督(61)が辞任したことを発表した。

 会長のジェフ・バーディング氏はクラブ公式サイトで「メジャーリーグサッカーの調査が進み、いくつかのテーマが明らかになったため、ロンは辞任を申し出た。シンシナティに関わる全ての人にとって、これが最善の行動であることに同意した」と述べている。

 ヤンス監督はMLSによる調査の期間中、チームの指揮を控えていた。不適切発言の内容は明らかにされていないが、一部報道では選手の前で人種差別的なスラングを使ったとされている。

 MLSは3月1日に開幕し、シンシナティはNYレッドブルズと対戦する予定。新監督が決まるまではコーチのヨアン・ダメット氏が暫定でチームを率いるという。

最終更新:2/19(水) 7:07
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ