ここから本文です

のら猫中国福州をゆく~琉球王国の交易をたどって~(中)

2/20(木) 14:42配信

47NEWS

 

 私たちの旅の目的は、琉球王国の交易ルートをたどって、福州にあるという外交拠点「琉球館」と「琉球墓」にたどり着くこと。

 閩人(福州人)の血を引くRにとっては、文字通り自分のルーツを探る旅。

 そして他のメンバーにとっては、友人Rに便乗した冒険の旅である。

 さあ、「琉球閩人漫遊記」のはじまりだ。

  早朝、最初の目的地「琉球館」へ出発。

 私たち一行は、大通りを避けて、時が止まったような小路を進む。

 小路に入った途端、私の目はカメラと化す。

 韓国映画『パラサイト 半地下の家族』で、作品・監督・脚本・国際長編映画賞の4部門で米アカデミー賞を受賞した話題のポン・ジュノ監督に「この先20年間の映画界を牽引する監督の一人」と言わしめた、 新鋭ビー・ガン監督『凱里ブルース』(4月18日から日本公開)のワンシークエンスショットに向けられたカメラさながら、スルスルと奥へと進んでゆく。

  住民とすれ違うたびに「どこから来たの?」と聞かれる。   

 「リューチュー(琉球)」と声をそろえて返すと彼らの顔がほころぶ。

 福州と琉球の交易を覚えているよ、と言わんばかりに。

 

 

 それにしても、なかなか「琉球館」にたどり着かない。

 のら猫が誘う小径でそれ風な建物を見つけては空振り。  

 道に迷ったかと思い始めた時、再開発が進む住宅地の隙間から白い壁が姿を現した。

 看板に「柔遠駅」とある。それが琉球館の中国での呼び名だった。

 

 宝の在り処を見つけたグーニーズの少年たちじゃないが、興奮気味に駆けつけると、古いカンフー映画に出てきそうな重厚な扉があった。  

 そこへおじさんが現れ、足早にサササっと中へ入ってバタンと扉を閉めた。

 急いで追って扉を叩くと、中から「休館日!」と返される。

 「ネットで調べたら日曜休館とあったから、月曜に来たのに……」 

1/4ページ

最終更新:2/21(金) 11:19
47NEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ