ここから本文です

日本の新型コロナ、中国人が驚いたこと「1カ月前の武漢のよう……」マスク盗難に「中国なら10倍の値段」

2/21(金) 7:00配信

withnews

新型コロナウイルスの感染が広がる中、中国のSNSでは「病院から盗まれたマスク」「クルーズ船での集団感染」など、日本のニュースも大きな注目を集めています。「1カ月前の中国のようだ」など、中国での経験を踏まえて日本の状況を心配する声が寄せられています。

【画像】急ピッチで建設を進めた中国湖北省武漢市の「火神山病院」 わずか10日間で完成 5Gも配備

「安倍加油」の声

2月18日に、中国版ツイッターの微博では「安倍首相」が「ホットな話題」にランクインしました。「安倍」がハッシュタグ付きで、関連ニュースには2.6億のビューと、2.5万のコメントが集まりました。

きっかけは、共同通信の職員が自宅待機になったというニュースでした。様々な情報が広がるなか、いつの間にか、「もし安倍首相が感染されたら、内閣も危ない」という声まで投稿される事態になりました。

これに対して、中国のネットユーザーは次のような意見を発表しました。

「安倍首相も、やはり隔離したほうがいい」

「『武漢加油(がんばれ)』だけでなく、『安倍加油』も言わないと」

「これで、日本がコロナウイルスのことをもっと重視するだろう」

「私たちもきちんと支援物資に使えそうな漢詩を考えないと行けない。これから使えるかもしれないし…」

一方、日本の出来事を「ネタ」のように扱うことへの違和感も。

「新型コロナウイルスを娯楽のようにしてほしくない。命はみんな平等なのだから」

神戸のマスク盗難「1ヶ月前の中国のよう」

微博では、神戸赤十字病院で6千枚のマスクが盗まれたことも、ホットな話題にランクインしました。合計で2.3億のページビューと7000以上のコメントが集まりました。

「6千個が盗まれたことがしっかりと分かった、日本のチェック体制は中国の某会よりよいです」
(※「某会」とは湖北省の赤十字会のことで、赤十字会の倉庫から直接マスクを取り出し幹部のところへ送ろうとしたドライバーがいたという不祥事を指していると思われます)

「マスクも、国際ニュースになることは考えもしなかっただろう」

「中国に売られたら、おそらく10倍以上の値段だろう」

「ウイルスが拡大しているなか、マスクを盗む人はひどすぎる」

「1カ月前の中国のような……」

「かつては強盗がマスクをかけてお金を奪うが、現在はお金を持ってマスクを奪う時代のようだ」

1/2ページ

最終更新:2/21(金) 13:18
withnews

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ