ここから本文です

ピクサー新作『2分の1の魔法』がワールドプレミア!兄弟役トムホ&クリプラに大歓声

2/20(木) 11:10配信

シネマトゥデイ

 現地時間18日、ハリウッドのエル・キャピタンシアターでディズニー/ピクサーのアニメーション映画『2分の1の魔法』(3月13日日本公開)のワールドプレミアが行われ、声優として兄弟役を務めたトム・ホランド(23)とクリス・プラット(40)が登場すると大歓声が上がった。

【画像】トムホ&クリプラのツーショットも!ワールドプレミアの様子

 『2分の1の魔法』は、技術の進歩によって魔法が消えかけたファンタジーの世界を舞台に、死んだ父をよみがえらせる旅に出るエルフの兄弟の姿を描いた感動作。本作の世界観をイメージした巨大ブルーカーペットの周りには10代~20代が中心の女性ファンが集まり、内気な主人公イアン役のトム、陽気な兄バーリー役のクリスが登場すると、会場のボルテージは最高潮に。アベンジャーズの一員としてもおなじみの二人は写真を撮ったりサインをしたりと丁寧にファンサービスを行い、集まったファンたちを虜にした。

 トムは「クリスと話していたんだけど、どの役者にも目標がある。僕にとって夢の一つが、スーパーヒーロー(スパイダーマン)を演じることと、クリスと一緒にピクサー作品に出演することだったんだ。今日こうしてここに来られたのは本当に素晴らしく幸運なことだと思っているよ」とにっこり。クリスは「普通は一緒に声の収録をすることはないみたいだけど、何かが起きることを期待してトムと一緒に声の収録をさせてもらった。トムと一緒だからこそ、兄弟の絆が生まれるかどうか試してみたかったんだ。僕としては確かに魔法が起きたと思うし、作品からも僕たちの絆を感じてもらえると思う。これほど最高なことはないよ」と二人の間のケミストリーについて語っている。

 監督を務めたダン・スキャンロン(『モンスターズ・ユニバーシティ』)は「この物語は僕が1歳の時に亡くなった父親と僕たち兄弟の関係からインスピレーションを受けて描かれているんだ。大切な人を失くした経験は誰にでもあるはずだし、その人と一日だけ一緒に過ごすことができたら……それは素晴らしい出来事になると思う。イアンは内気でシャイで自分に自信がない少年だけど、彼はお父さんに会うために勇気を出して自分を信じることが必要になるんだ。イアンと兄バーリーとの旅を通じて成長していく姿は誰もが共感できると思うよ」とアピールしていた。(編集部・市川遥)

最終更新:2/20(木) 11:10
シネマトゥデイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ