ここから本文です

<松嶋菜々子>幸せを感じる瞬間「それがリフレッシュに」 女性が輝く秘訣は「輝いている人のマインドをのぞき見る」

2/20(木) 22:30配信

毎日キレイ

 女優の松嶋菜々子さんが出演する映画「AI崩壊」(入江悠監督)が公開中だ。今作で松嶋さんは、大沢たかおさん演じる主人公・桐生浩介の亡き妻・望を演じている。女優業は「ストレス発散」の場だという松嶋さんに、仕事を離れたときのリフレッシュ法や10年後の自分、さらに女性が輝き続ける秘訣(ひけつ)を聞いた。

【写真特集】外はねヘアが似合ってる! 松嶋菜々子がきれいめにワンピ―ス姿 全身も

 ◇短い時間でちょっとずつ

 毎日の生活でのリフレッシュ法をたずねると、「これをしているときが幸せですと言えるものは特にないんです」とした上で、「短い時間のなかでちょっとずつ、ちょっとずつということがリフレッシュになっています」と明かす松嶋さん。

 「例えば……」と挙げたのは、「本当にささいなことですが、すごく天気のいい日にジムに自転車で行くときに、ああ今日は暖かくて心地がいいなと思った瞬間、すごく幸せを感じたらそれがリフレッシュになりますし、今、読みたいと思う本を読むことだったり、本屋に行って1、2時間プラプラする時間だったり。あるいは、テレビドラマを見ている1時間や、お料理をしている時間……。そういう日常の中での細かいことで、ちょっとずつリフレッシュしています」と、こまめに心休まる時間を作り出していることを教えてくれた。

 ◇輝き続ける秘訣は?

 映画は、2030年が舞台。そこで松嶋さんに10年後の自分を想像してもらうと、「10年後、56歳ですね……」とつぶやきながら、「子育ても終わっているので、もっと自由になっているといいなと思います。時間的なこともそうですけど、マインド的にも、もうちょっと自由な思考が伸び伸びとできていたらいいですね」とほほ笑みながら語る。

 1992年、18歳で女性ファッション誌の専属モデルを務め、同年に女優デビュー。1996年のNHK連続テレビ小説「ひまわり」で抜てきされたヒロインを演じ切って以降、第一線で活躍してきた松嶋さん。NHK連続テレビ小説に23年ぶりに出演した「なつぞら」(2019年)では、広瀬すずさん演じるヒロインの養母を演じ、話題になった。

1/2ページ

最終更新:2/20(木) 22:30
毎日キレイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ