ここから本文です

前田道路、535億円配当案 TOB対抗、臨時総会開催

2/20(木) 13:47配信

共同通信

 前田道路は20日、総額約535億円の特別配当を実施することを4月14日に開く臨時株主総会で提案すると発表した。筆頭株主の前田建設工業から受けている敵対的な株式公開買い付け(TOB)への対抗策となる。

 今回の特別配当は1株当たり650円となり、2020年3月期に計画している配当100円を大幅に上回る。

 特別配当を実施すれば前田道路の純資産が減るため、買収する魅力がそれだけ薄れる。前田建設はTOB発表時、前田道路が純資産の10%に当たる200億円超の配当を株主総会に諮ると決めた場合はTOBの撤回があり得るとしており、今後の対応が注目される。

最終更新:2/20(木) 14:00
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事