ここから本文です

キンタロー。夫が不妊症と診断で「愕然」…治療は「お金も身体も大変。喧嘩も」

2/20(木) 23:17配信

デイリースポーツ

 1月28日に第1子女児を出産したタレント・キンタロー。(38)が20日夜、ブログを更新。「実は不妊治療をしておりました」と告白した。この日放送された「直撃!シンソウ坂上」で、15年12月に結婚した夫が「無精子症」と診断され、東尾理子に紹介された不妊治療専門のクリニックで治療を続けていたことなどが明かされていた。

【写真】スリーパーホールドで締め上げるキンタロー。

 ブログでは「待望のちびキンタロー。ちゃんをこの腕で抱きしめる事ができ涙がこぼれました」と我が子を抱き、涙したことを伝えた。

 夫が「男性不妊症」と診断されたことについては、「まさか自分のパートナーがそうであるとは、、」と驚いたこと、「愕然としてしまい そして年齢の事もありどうしたら良いのか頭が真っ白に」なったことを打ち明けた。

 不妊治療の先輩で、3人の子供のママでもある東尾に相談したところ、年齢的にも「タイミング法で数回チャレンジしてできなかったらすぐに病院に行って検査してもらった方がいい」とアドバイスしてくれたという。

 不妊治療については「毎日の自己注射や薬の処方などお金的にも身体的にも大変な事も沢山ありました。男性不妊であっても、薬や注射の投与など私の身体への負担が大きく、はじめの頃は旦那さんと色々喧嘩も、沢山してしまいました」と告白。「そんな事も乗り越える事ができ本当にまわりの方々旦那さんにも心より感謝です」と感謝の思いをつづっている。

最終更新:2/21(金) 0:06
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ