ここから本文です

京都橘、ゴールラッシュ!京都廣学館を圧倒

2/20(木) 8:05配信

高校サッカードットコム

 令和元年度 京都高校サッカー新人大会・決勝トーナメントの準決勝が2月15日に下鳥羽公園球技場で行われ、第1試合は京都橘が大量6得点を決めて京都廣学館に勝利した。

【フォトギャラリー】京都橘 vs 京都廣学館

「力負けです」。京都廣学館の小栗英祐監督は開口一番、そう答えた。一週間前、東山高校を破るという番狂わせを起こした京都産業大学附属高校との準々決勝を制するなど、チーム状態は上向きだった。この日も前半途中まではキャプテンのCB奥田千里(2年)を中心とする最終ラインが相手の攻撃を跳ね返し、セカンドボールもMF舞田奨(2年)をセンターに置く中盤で回収するなど、試合の入り方は悪くない。

しかし29分に先制点を奪われると、そこから立て続けに追加点を奪われて3点リードでハーフタイムを迎えてしまった。相手が京都橘ということを考えれば『失点しても、傷口を広げずに0-1のまま前半を終える』という試合運びは京都廣学館の選手たちの頭にあったはずだ。ただ「そう甘くはなかった」(小栗監督)というように、京都橘がそれを許さなかった。試合の均衡を破って落ち着くのではなく、攻撃の手を緩めることなく追加点を狙いにいく。後半も「3点リードの優位性を生かして、ボールをつないでいこうと話していた」と京都橘のキャプテンを務めるMF中野晃弥(2年)が話したように、サイドから、中央から攻撃を仕掛けて得点を重ねていく。最終的には6-0という大勝で、京都橘が決勝進出を決めている。

ゴールラッシュにも、京都橘の米沢一成監督は表情を緩めなかった。「落ち着くまで時間がかかった。先制してから少し良くなったけれど(その前から)やれたはず。もっとボールを動かしたかったし、フリーになっていた選手を使いたかった」と振り返る。そうした指示は試合前から選手に伝えていたが、ピッチ上での情報収集や判断に物足りなさがあったようだ。後半には1年生のMF鎌田翔大が2ゴール1アシストの活躍を見せたが「すでにオープンな展開になっていたから」と冷静に受け止めている。

とはいえ、ゴールに向かう迫力や攻守の切り替えなどで、前半途中から相手を圧倒したのは事実だ。先制点のFW西野太陽や2得点をあげたMF金沢一矢など、昨年の全国大会を経験している選手が数多く残っており、鎌田やMF青山楽生(1年)というニューカマーもアピールを続けている。GKは全国高校選手権で先発した中村青(2年)ではなく、前田宙杜(2年)が決勝トーナメントからはゴールマウスを任されるなど競争は激しい。そんな中で、新チームとなって最初のタイトル獲得へ向けて「チーム一丸となって、やってきたことを出し切って勝ちたいです」(中野)と意欲を燃やしている。

一方、京都廣学館にとっては悔しい敗戦となった。序盤の守備は悪くなかったが、攻撃に転じた際に前線でなかなか起点を作ることができず、次第に自陣ゴールを脅かされる場面が増えていった。小栗監督は「いかに攻撃陣へ、いい状態でボールを入れるのか。先週のベスト8ではそこが良くて得点できたんだけど、今日は簡単に(前へ)蹴ってしまった」と反省点にあげている。

ただ、それらもトライした結果だ。京都橘が相手なら守備に軸足を置くというゲームプランも考えられるが、一週間前に好感触を得た攻撃面を消さずに挑んでみようという意気込みは感じられた。予選リーグでは城陽に完敗するなどつまづいたが、その後に持ち直してベスト4進出という結果は今後につながるだろう。今大会で得た経験を、リーグ戦やインターハイ予選への足がかりとしたい。

最終更新:2/20(木) 8:05
高校サッカードットコム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事