ここから本文です

北関東に住む主婦の私が毎度痛感する東京という大きな存在

2/20(木) 17:30配信

アーバン ライフ メトロ

北関東から東京までの距離は?

 東京へ通勤は東京寄りの埼玉や神奈川、千葉に住めば可能です。しかしその一方、北関東3県は県庁所在地の近くに住んでいても、東京への通勤は難しいものです。実際に通勤している人はいますが、どうしても時間がかかり、定期代も高くなってしまいます。

【調査結果】仕事のストレス度が低い都道府県ランキング 徳島県、高知県……1位は?

 北関東の地方都市に住むぶんには、日常生活で不自由することはあまりありません。しかし30代で子育て中の筆者は、「あと1時間東京に近ければ」と切望する点もあります。

 まずは北関東から東京に行くまで、どれだけ時間と料金がかかるのか見てみましょう。新幹線・特急の乗車時間と料金をみると、次のとおりです。

・新幹線:宇都宮~東京(約50分、4490円)
・新幹線:高崎~東京(約50分、4490円)
・特急:水戸~東京(約1時間15分、3890円)

と、新幹線や特急を利用すれば、1時間前後で通うことができます。一方で料金が4000円前後と高額に。定期代も1か月10万円を超えてしまいます。

 在来線は、次の通りです。

・宇都宮~東京(約1時間45分、1980円)
・高崎~東京(約1時間50分、1980円)
・水戸~東京(約2時間10分、2310円)

と、金額が下がりますが、それでも定期は1か月5万円以上。また、2時間近くかかってしまうため、通うには無理があります。

大きな差がある雇用

 地方都市は、生活の面でも不便を感じることはありません。

 日常生活の買い物には困らず、大きな病院もあります。また子どもの遊び場もあり、筆者のすんでいる地域は待機児童に困ることも今のところはありません(地域によっては学童に困ります)。

 一方、不自由を感じるのは雇用です。東京の最低賃金は「1013円」なのに対し、栃木県は「853円」、群馬県は「835円」、茨城県は「849円」。最低賃金でみても、150円以上の差があります。そのせいか、北関東ではパートの時給の平均は850~900円、正社員でも月給20万円以下という募集も珍しくはありません。

 求人数を見ても、北関東に比べれば東京の求人数が多くなります。業種によっては、地方ではほとんど募集がなく、東京に出なければならないものもあります。

1/2ページ

最終更新:2/20(木) 20:59
アーバン ライフ メトロ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ