ここから本文です

新型ウイルスパニック、世界各地のチャイナタウンが閑古鳥

2/20(木) 15:47配信

AFPBB News

(c)AFPBB News

【2月20日 AFP】中国で2000人超の死者が出ている新型コロナウイルスへの恐怖が世界中に広がる中、豪メルボルンから米サンフランシスコまで、普段は大勢でにぎわう世界各地のチャイナタウンに閑古鳥が鳴き、各店舗は必死で生き残りを図っている。

 オーストラリアでは、新型ウイルス流行の中心地から飛行機でも10時間以上かかるほど離れ、国内ではわずかな感染者しか確認されていないにもかかわらず、新型ウイルスの悪評が広がっている。

 街ははっきり分かるほど閑散とし、マスク姿もありふれたものになった。春節(旧正月、Lunar New Year)の龍舞でも、例年のような集客はできなかった。

 中には収益が半分以下に激減し、従業員の労働時間を大きく減らさざるを得なくなった店もある。世界中のチャイナタウンが同じような状況に置かれている。

 カナダ・バンクーバー(Vancouver)のリッチモンド(Richmond)地区の人気店、エンパイア・シーフード・レストラン(Empire Seafood Restaurant)も、今なら簡単に席を取ることができる。同店のイバン・ヤン(Ivan Yeung)副総支配人は、「普段は5~10卓待ちだが、今日なら待たずに入れる」と語った。

 米サンフランシスコの人気広東料理店、R&Gラウンジ(R&G Lounge)のトニー・シウ(Tony Siu)支配人は、「例年ならばこの時期には中国人観光客が来店するが、今はゼロ同然だ」と語った。

 オーストラリアでは、中国全土からの入国禁止措置により、中国人学生約10万人がオーストラリアに渡れず、新年度開始に間に合わない事態となっている。メルボルンにある中国人学生が多数在籍する学校の階下でパンケーキ店を営むスー・イン(Su Yin)さんは「主な顧客は中国出身の人」なので「とても苦しい」と語った。

 多くの人は、外国人嫌悪が状況を悪化させていると考えている。

 英ロンドン在住のデービッド・タン(David Tang)さんは、ここ数週間、周りの人々に避けられているとはっきりと気付いたが、怖がる気持ちは理解できるので、冷静に受け止めようと努めていると述べた。

 タンさんは、「毎朝電車に乗っているが、先週のある日、私の隣の席が空いているのにみんな立っていた」「笑えたよ」と語った。

 映像は順に、オーストラリア・メルボルン、英ロンドン、フィリピン・マニラで、13、14日撮影。(c)AFPBB News

最終更新:2/21(金) 22:51
AFPBB News

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ