ここから本文です

練習試合で今季初アーチのロッテ・安田尚憲 濃密な下積みを糧に3年目の大ブレイクなるか?!

2/20(木) 12:10配信

高校野球ドットコム

 プロ3年目を迎える千葉ロッテマリーンズの安田 尚憲(履正社出身)に、実戦で本塁打が飛び出した。
 19日の横浜DeNAベイスターズ戦に、「5番・三塁」で出場した安田は、2回の第1打席でカウント2-1からの高め直球を捉えて、打球はバックスクリーンへ一直線。推定飛距離130メートルの今季初アーチに、安田も手応えを掴んだ。

【写真】爽やかな笑顔を見せる履正社時代の安田尚憲

 清宮 幸太郎と並ぶスラッガーとして注目され、ドラフト1位で千葉ロッテに入団した安田。昨シーズンは一軍出場なしに終わったが、二軍戦では19本塁打82打点、打率.258と別格の数字を残して、シーズン終了後にはプエルトリコのウインターリーグでも修行を積んだ。

 昨シーズンに36本塁打を放って大ブレイクを果たした、村上宗隆と比べるとその差は大きく開き、本塁打を放った後は3三振を喫するなどまだまだ課題は多い。
 それでも高卒3年目としては順調に成長しており、今年のブレイク候補の一人であることには変わりないだろう。

 安田の最大の長所は、下積み生活の中でも黙々と練習をこなせる人間性だ。高校時代も、1年間は黙々とバットを振り続け、きっかけを掴んだ2年春から一気にブレイクし注目され始めた。
 その「きっかけ」を今シーズンに掴むことが出来るか注目だ。

栗崎 祐太朗

最終更新:2/20(木) 12:10
高校野球ドットコム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ